ホーム > 福祉・医療 > 社会福祉・地域福祉 > 地域福祉 > 平成30年度栃木県介護人材緊急確保対策事業の実施について

ここから本文です。

更新日:2018年4月10日

平成30年度栃木県介護人材緊急確保対策事業の実施について

 栃木県では、介護人材の確保を図るため、「栃木県介護人材緊急確保対策事業」として、以下の事業を実施します。

 ○ 平成30年度の栃木県介護人材緊急確保対策事業の概要(全体図)(PDF:168KB)

 ○ 平成30年度介護人材確保対策の主な取組(一覧)(PDF:137KB)

1  介護人材参入促進事業

 若者から高齢者まで広く多様な介護人材の参入促進と、様々な媒体を活用した介護の魅力の情報発信により介護の仕事のイメージアップを図るため介護の仕事の魅力をPRして介護人材の安定的な参入促進を図る事業です。

2  潜在的有資格者等再就業促進事業

 資格を有しながら介護分野に就業していない介護福祉士等の潜在的有資格者や他分野からの離職者等を対象に、知識と技術を再確認するための研修や、介護の仕事の魅力と実際の現場を知るための職場体験及び離職した介護福祉士等の届出制度事業などを実施し、介護分野への再就業を促進する事業です。

3  介護人材マッチング機能強化事業

 施設・事業所における詳細な求人ニーズの把握と求職者の適正の確認、就業後の適切なフォローアップなどを行い、介護人材の円滑な参入と確実な定着を図る事業です。

4  介護人材キャリアパス支援事業

 施設・事業所職員が、就労年数や職域階層等に応じた知識や技術等を修得し、スキルアップを図るための研修等を実施する団体に助成することで、キャリアパスの整備を促進し、介護人材の安定的な定着を図る事業です。 

5  介護人材確保対策連携強化事業

 介護分野に従事する新人介護職員のモチベーションアップを図り、人材の定着を促進するため「介護職員合同入職式」を開催するととともに、介護人材の確保・定着に向け、施設・事業所、関係団体、職能団体、教育機関等と連携し具体的な取組、推進の方策を図る「介護人材確保対策連絡調整会議」を運営するほか、介護人材の育成・定着等に取り組む介護事業所を認証する「とちぎ介護人材育成認証制度」の運営等に関する事業です。

 なお、とちぎ介護人材育成認証制度に参加される事業者には、人材育成や労働環境改善等に資する様々な支援メニューを用意いたします。詳しくは、リンク先からご確認ください。

  • 介護職員合同入職式

    日時  平成30年5月21日(月曜日)

    場所  栃木県総合文化センターサブホール

 ※ ちらし及び参加申込書は、こちらからダウンロードしてください。(ZIP:134KB)

6  介護職員研修等支援事業

 介護職員の資質向上を図る研修等の受講で欠員が生じる場合に、研修受講中の代替要員確保のための費用負担の助成及び初任者研修を受講後6か月以上就労された方に対する費用助成に関する事業です。

 7  労働環境・処遇改善事業

 新人護ロボットを導入した事業所に対して機器購入金額の一部を助成し介護職員の負担軽減及び離職防止を図るほか、介護事業所内保育施設の運営に要する経費の一部を助成し、出産・育児等を理由に退職することなく働ける労働環境の整備を図る事業です。 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

高齢対策課 事業者指導班

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館4階

電話番号:028-623-3057、3147

ファックス番号:028-623-3058

Email:kaigo@pref.tochigi.lg.jp