ホーム > 福祉・医療 > 健康・保健衛生 > 生活習慣病 > 栃木県のがん対策 > 平成30年度 がん患者等の治療と仕事の両立支援セミナー(平成31年1月28日開催)

ここから本文です。

更新日:2019年2月1日

平成30年度 がん患者等の治療と仕事の両立支援セミナー(平成31年1月28日開催)

 内容

講演①「がんサバイバーの立場から伝えたいこと」 

    講師:公益財団法人日本対がん協会 横山 光恒 氏(がん経験者) 横山

36歳の時に、がんの一種である「肉腫」が右腕の付け根にできていると発覚。5年生存率は20%という診断を受けた。元の職場に復帰したものの、がんを理由に降格し、給料が大幅に下がった経験から、「収入が、生活費と治療費を上回る状態を続けられることが両立支援のゴール」と話し、がんを個性として捉え、支え合い、認め合う社会を作っていくことが重要であると訴えた。

また、周囲の対応として、相談できる場所を明確に伝えることや、「がんばれ」より「がんばったね」と伝えてほしいと話した。

 

講演②「企業における両立支援について」

    講師:社会保険労務士 藤川 佳織 氏 藤川先生                     

「治療によって業務にどんな影響がありそうか」「本人は何を希望しているか」など、両立支援対応の視点について説明するとともに、どのように両立するかに正解はないので、その都度ベストな方法を周りを巻き込んで探すことが大切とした。

また、企業にとって、両立支援に取り組むことは、貴重な人材の流出を防ぐことであり、 今後より重要なテーマとなっていくと説明した。

 

お問い合わせ

健康増進課 がん・生活習慣病担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-3096

ファックス番号:028-623-3920

Email:kenko-zoshin@pref.tochigi.lg.jp

広告