ここから本文です。

更新日:2017年12月13日

脳脊髄液減少症に関する医療講演会

脳脊髄液減少症は、交通事故やスポーツ外傷などで体に強い衝撃を受けることにより、脳脊髄を覆っている硬膜が損傷を受け、脳脊髄液が漏れ出し、減少することにより、頭痛やめまい、吐き気など様々な症状が起こります。
脳脊髄液減少症については、診断・治療ができる医療機関が限られており、また、学校や職場等においても当該疾病に関する適切な理解が進んでいない現状にあります。
このような状況の中、平成28年4月から当該疾病に対する硬膜外自家血注入療法が保険適用となったことを踏まえ、県民及び医療機関等を対象に、当該疾病に関する正しい知識の普及と当該疾病患者に対する理解を促進することを目的として医療講演会を開催します。

主催

栃木県

実施日(期間)

2018年2月4日(日曜日)

14時~16時

場所

栃木県庁東館4階講堂(宇都宮市塙田1-1-20)

(身障者用の駐車場あり、身障者用のトイレあり)

定員

120名 (先着順)

申込期間・締切

2017年12月13日(水曜日) ~2018年2月4日(日曜日)

申込方法

FAX

申込先

栃木県保健福祉部健康増進課難病対策担当
〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20
電話番号:028-623-3086  FAX:028-623-3920

申し込みについて

 「脳脊髄液減少症に関する医療講演会」受講申込書(ワード:121KB)に必要事項を御記入いただき、健康増進課難病対策担当宛てにFAXにてお申し込みください。

受講にあたって

 駐車場は県庁地下駐車場をご利用ください。

(本講演受講での地下駐車場の利用は無料となります。駐車券を会場までお持ちください。)

 

 

お問い合わせ

健康増進課 難病対策担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-3086

ファックス番号:028-623-3920

Email:kenko-zoshin@pref.tochigi.lg.jp

広告