ホーム > 福祉・医療 > 医療 > 医療施策 > 難病の医療給付を受けたい

ここから本文です。

更新日:2010年11月30日

難病の医療給付を受けたい

よくある質問Q&A

難病のうち、診断技術が一応確立し、かつ、難治度、重症度が高く、患者数が比較的少ないため、公費負担の方法をとらないと原因の究明、治療方法の開発等に困難をきたすおそれのある特定の疾患について治療研究事業を推進するとともに、患者の医療費の負担軽減を図ることを目的として公費負担を受けることができます。

1 対象疾患

→国が指定した56疾患と栃木県が指定した2疾患の、58疾患を対象として事業を実施しています。

 詳細はこちらのページをご参照ください。

2 対象者 

→栃木県内に住所があることや、国または県が指定した対象疾患にり患しており、各疾患の診断基準を満たしていること等を条件としています。

 詳細はこちらのページをご参照ください。

3 公費負担の内容

→医療受給者証に記載のある医療機関、院外処方による調剤薬局、訪問看護ステーションで、認定を受けた対象疾患及びその対象疾患に付随して発現する傷病に対して、医療処置が行われた場合に医療費の自己負担分を助成します。

 詳細はこちらのページをご参照ください。

4 提出書類 

→提出書類は、申請する内容によって異なっておりますので、まずは、申請の区分と申請様式をお選びください。各申請書の様式に、申請の際に必要となる書類が記載されております。

 詳細はこちらのページをご参照ください。

5  申請の窓口及びお問い合わせ先

→患者の方がお住まいになっている地域を管轄している各健康福祉センターまたは宇都宮市保健所となります。

 詳細はこちらのページをご参照ください。

 

詳細ページへのリンク

お問い合わせ

健康増進課 難病対策担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-3086

ファックス番号:028-623-3920

Email:kenko-zoshin@pref.tochigi.lg.jp

広告