重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 健康・保健衛生 > 感染症 > 警戒度レベルに応じた措置・要請について

更新日:2021年11月19日

ここから本文です。

警戒度レベルに応じた措置・要請について

警戒度レベルに応じた措置・要請

県民・事業者等に対し、下記内容を踏まえ、感染状況の特徴に応じた必要な措置・要請を行います。

なお、下表におけるVTPとはワクチン・検査パッケージのことです(※VTPによる緩和は感染状況により中止することがああります)。

警戒度レベル 県民・事業者 飲食店等 イベント
レベル4 緊急事態

外出自粛も含めたより強い要請

休業要請も含めたより強い要請 原則中止も含めたより強い要請
レベル3 緊急事態

【県民】
・混雑や感染リスクが高い場所への外出・移動の自粛
・感染対策が徹底されていない飲食店等や休業要請・時短要請に応じていない飲食店等の利用を厳に控える
・不要不急の帰省や旅行等、都道府県間の移動は極力控える(VTP適用者を除く)

【事業者】
・出勤者数の削減目標を定め、テレワークの活用や休暇取得の促進等の取組を推進
・時差出勤等の人との接触を低減する取組を強力に推進

  酒類・カラオケ設備提供店に対し休業要請(VTPにより収容率50%上限でカラオケ設備提供可)

 【認証店】

20時までの時短・酒提供禁止・協力金あり
又は
21時までの時短・酒提供可・協力金あり
ともに VTPにより人数制限解除

 【非認証店】

20時までの時短・酒提供禁止・5人未満
協力金あり
集客施設等に対しイベントに準じた要請

<人数制限>
【大声なし】
・感染防止安全計画策定かつVTPにより収容定員まで
・感染防止安全計画策定のみの場合1万人まで
・計画未策定の場合5千人まで

【大声あり】
5千人又は収容率50%のいずれか小さい方
 ※開催時間については原則要請なし

まん延防止措置

措置区域に対し、

【認証店】

21時までの時短・酒提供可・協力金あり
又は
時短要請なし・酒提供可・協力金なし
ともに VTPにより人数制限解除

 【非認証店】

20時までの時短・酒提供禁止・5人未満
協力金あり

集客施設等に対しイベントに準じた要請

<人数制限>
【大声なし】
・感染防止安全計画策定 かつ VTPにより収容定員まで
・感染防止安全計画策定のみの場合2万人まで
・計画未策定の場合5千人まで
【大声あり】
5千人又は収容率50%のいずれか小さい方
※開催時間については原則要請なし

レベル2 まん延防止措置

【県民】
・混雑や感染リスクが高い場所への外出・移動の自粛
・感染対策が徹底されていない飲食店等の利用を自粛
・時短要請した時間以降、飲食店にみだりに出入りしない
・不要不急の都道府県間の移動、特に緊急事態措置区域との往来は極力控える(VTP適用者を除く)

【事業者】
・テレワ-ク活用や休暇取得促進等により出勤者数削減を推進
・時差出勤等の人との接触を低減する取組を強力に推進

感染拡大期 感染収縮期

【県民】
・都道府県間の移動に際しては基本的な感染防止対策を徹底
・緊急事態措置区域及び重点措置区域への不要不急の移動は極力控える(VTP適用者を除く)

【事業者】
・テレワーク等人との接触低減に取り組む
「感染拡大期」には感染不安の無症状者は検査を受けること

「感染拡大期」

 感染拡大地域に対し、
 【認証店】

時短要請なし・酒提供可・協力金なし
 VTPにより人数制限解除

 【非認証店】

20時までの時短・酒提供可・5人未満
協力金あり

<人数制限>
【大声なし】
・感染防止安全計画策定により収容定員まで
・計画未策定の場合は5千人又は収容率50%の

いずれか大きい方

【大声あり】
収容率50%

レベル1  

【県民】
・基本的な感染対策の徹底(「3密」の回避、「新しい生活様式」の実践、「5つの場面」への注意)
・とちまる安心認証店の利用推進

【事業者】
・人との接触機会を低減する取組の継続・実施
・感染拡大防止のための適切な取組の実施(ガイドラインの徹底、会話する=マスクする、「5つの場面」への注意)
・「新型コロナ感染防止対策取組宣言」の実施

飲食を提供する方は、
・アクリル板等(パーティション)の適切な設置又は 座席間隔(1メートル以上)の確保
・手指消毒の徹底
・食事中以外のマスク着用の推奨
・換気の徹底に取り組むこと
レベル0  

 

お問い合わせ

 受診・ワクチン相談センター

電話番号:0570-052-092

バナー広告