ホーム > 県政情報 > 県政の広報 > 報道発表 > 感染性胃腸炎の集団発生について

ここから本文です。

2018年5月15日発表

感染性胃腸炎の集団発生について

概 要

・感染症名:感染性胃腸炎(5類感染症)
・集団発生の時期:平成30(2018)年5月7日(初発)
・集団発生の場所:県北健康福祉センター管内の保育所
・発症の状況:平成30(2018)月5月7日~平成30(2018)年5月14日(5月15日現在、計34名(児童31名、職員3名))        
・経過:
 平成30(2018)年5月11日、県北健康福祉センター管内の保育所において複数の児童、職員が嘔吐、下痢の症状を呈しているとの連絡があり、同センターで指導を実施した。                               
  また、5月15日に保健環境センターにおいて4名の検体(便)の検査を実施した結果、4名の検体からノロウイルスが検出された。
 重症者及び入院している者はなく、発症者は全員快方に向かっている。         

県の対応:

  県北健康福祉センターでは、当該情報の探知後、当該施設における予防対策(児童及び職員の健康管理、手洗い等の励行、汚物等の適切な処理等の迅速な対応)について、指導等を実施するとともに、当該施設における発症者等の調査及び原因追及のための感染源の調査及び消毒の指導を実施した。
 

栃木県内で報告のあった感染性胃腸炎集団発生(30名以上の患者報告数)状況(宇都宮市を含む)
平成25年 8施設(高齢者施設1、障害者施設3、小学校3、保育所1)
平成26年 8施設(高齢者施設2、障害者施設1、小学校5)
平成27年 2施設 (幼稚園1、保育所1)
平成28年 9施設(保育所4、幼稚園3、小学校2)                          
平成29年 4施設 (障害者施設2、保育所2) 
平成30年 3施設(小学校1、保育所2) ※今回発生事例含む

【参考】県健康福祉センター及び宇都宮市保健所の管轄区域
・県西健康福祉センター:鹿沼市、日光市
・県東健康福祉センター:真岡市、益子町、茂木町、市貝町、芳賀町
・県南健康福祉センター:小山市、上三川町、下野市、野木町、栃木市、壬生町
・県北健康福祉センター:大田原市、那須町、那須塩原市、矢板市、塩谷町、さくら市、高根沢町、那須烏山市、那珂川町
・安足健康福祉センター:足利市、佐野市
・宇都宮市保健所:宇都宮市 

お問い合わせ

健康増進課 感染症・新型インフルエンザ対策担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-3089

ファックス番号:028-623-3920

Email:kenko-zoshin@pref.tochigi.lg.jp

広告