ホーム > 県政情報 > 県政の広報 > 報道発表 > 麻しん(はしか)患者の発生に伴う注意喚起について(第2報)

ここから本文です。

2019年1月11日発表

麻しん(はしか)患者の発生に伴う注意喚起について(第2報)

 1月5日に、麻しん患者(患者1)が発生したことについて、注意喚起を行いましたが、本日、新たに1名の麻しん患者(患者2)が確認されました。

 患者2は、初発の患者1との接触が確認されており、県南保健所で健康観察の対象となっていた方です。

 現在、県南保健所では、当該患者の行動範囲や接触者の状況を調査し、感染の拡大防止に努めております。

 麻しんを疑う症状(発熱、咳、鼻水、発疹等)が現れた場合は、事前に医療機関に連絡の上、速やかに受診してください。 

【報道機関の皆様へのお願い】
 本情報提供は、感染症の予防啓発及び感染の拡大防止を目的として行うものです。
 報道機関各位におかれましては、プライバシー保護の観点から、患者及び患者家族等について、本人等が特定されることがないよう、格段の御配慮をお願いいたします。

お問い合わせ

健康増進課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-3089

ファックス番号:028-623-3920

Email:kenko-zoshin@pref.tochigi.lg.jp

広告