ホーム > 福祉・医療 > 健康・保健衛生 > 感染症 > ヘルパンギーナの流行に注意しましょう。

ここから本文です。

更新日:2019年8月1日

ヘルパンギーナの流行に注意しましょう。

ヘルパンギーナの流行にご注意ください!

 ヘルパンギーナが全国的に流行しており、栃木県においても、令和元年第30週(令和元年7月22日~7月28日)時点において、県内全域における一定点医療機関当たりの患者報告数が6.31となり、今シーズン初めて警報開始基準である「6.00」を超えました。
 今後も、報告数の多い状況がしばらく続くことが予想されますので、予防を心がけてください。

【ヘルパンギーナとは?】
 ヘルパンギーナとは、突然の発熱に続いて、のどの痛みが現れ、口の中に小水疱が出現する急性ウイルス性咽頭炎です。4歳位までの乳幼児を中心に夏季に流行がみられます。

【感染経路について】
 主な感染経路は、飛沫感染(「せき」や「くしゃみ」のしぶきに含まれるウイルスを吸い込むことで感染)・接触感染(ウイルスが付着したドアノブなどに触れて感染)や糞口感染(便の中に排泄されたウイルスが口に入ることで感染)となります。

【症状について】
 感染してから2~4日後に発熱し、続いてのどの痛みが現れ、口の中に小水疱が現れます。基本的には予後良好ですが、ごくまれに髄膜炎や心筋炎などを合併することもあります。

【予防方法について】
 ヘルパンギーナに有効なワクチンはありません。症状が消失した後(2~4週間)も便の中にウイルスが排泄されますので、排便やおむつ交換後には、流水と石けんで十分に手洗いを行い、タオルは個別のものを使用しましょう。

【県内の患者発生状況】
 栃木県内の最新の発生状況は、患者情報(栃木県感染症情報センター:週報)(外部サイトへリンク)をご覧ください。


 

 

お問い合わせ

健康増進課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-3089

ファックス番号:028-623-3920

Email:kenko-zoshin@pref.tochigi.lg.jp

広告