重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 子育て・福祉・医療 > 健康・保健衛生 > 感染症 > 警戒度レベル「感染厳重注意」における対応(令和3(2021)年2月22日~3月7日)の概要

更新日:2021年2月22日

ここから本文です。

警戒度レベル「感染厳重注意」における対応(令和3(2021)年2月22日~3月7日)の概要

区域

栃木県全域 

期間

令和3(2021)年2月22日(月曜日)~3月7日(日曜日) ※終期は予定。状況を見て判断。

実施内容

感染拡大防止と社会活動の両立を図るため、以下のとおり協力を要請します。

【目次】

県民への協力要請事業者への協力要請学校に関すること催物(イベント等)の開催の協力依頼

 県民に対する協力要請(特措法第24条第9項)

  • 不要不急の外出自粛を要請
    特に、緊急事態宣言の対象区域への往来に注意
  • マスクの着用、換気をはじめ、3密の回避や手洗いなど、基本的な感染防止対策の徹底を要請
    「会話する=マスクする」運動を展開)
  • 感染リスクが高まる「5つの場面」での注意を要請 
    1飲酒を伴う懇親会等
    2大人数や長時間におよぶ飲食
    3マスクなしでの会話
    4狭い空間での共同生活
    5居場所の切り替わり
    ■特に、大人数の会食は控えるよう注意
  • 体調が悪い場合は、仕事は休むよう要請
  • 施設に応じた感染防止対策の徹底が行われていない場所への外出を避けるよう要請
  • 外出時は、感染のリスクを避ける行動とるよう要請 
  • ハイリスク者(高齢者、基礎疾患を有する方)は上記取組を特に徹底するよう要請 

 事業者に対する協力要請

  • 下記施設に対して人数上限10,000人かつ収容率50%以下とすることへの協力の働きかけを実施 
施設
劇場、観覧場、映画館又は演芸場
集会場又は公会堂、展示場
ホテル又は旅館(集会の用に供する部分に限る。)
運動施設又は遊技場
博物館、美術館又は図書館

 

  • 業種ごとの感染拡大予防ガイドラインの徹底や「会話する=マスクする」運動への参加等、感染拡大防止のための適切な取組を要請(特措法第24条第9項)
  • 新型コロナ感染防止対策取組宣言」の実施を要請(特措法第24条第9項)
  • 職場関係の送別会や懇親会など大人数の会食を控えることの働きかけを実施
  • 「出勤者数の7割削減」を目指し、在宅勤務(テレワーク)や、出勤が必要となる職場でもローテーション勤務等を推進
  •  オンラインビジネスの推奨

 ・業種別ガイドラインについて(外部サイトへリンク)

 ・経営者の皆さまへ(業種別ガイドライン)

 県立学校での対応

  • 引き続き感染防止対策の徹底
  • 感染リスクの高い教育活動は実施しない
  • 部活動の時間は、平日は2時間以内休日は3時間以内
    他校との練習試合合同練習等は実施しない
  • 市町村立学校においては、引き続き感染防止対策を徹底してください。

催事(イベント等)の開催に関する協力依頼について

 

【参考】

keikaido_2.jpg(PDF:76KB)

 

お問い合わせ

健康増進課 感染症対策室

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-2826

ファックス番号:028-623-3920

Email:kenko-zoshin@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告