ホーム > 福祉・医療 > 障害者 > 社会参加・就労支援 > 第22回全国障害者スポーツ大会「いちご一会とちぎ大会」について > 第22回全国障害者スポーツ大会「いちご一会とちぎ大会」平成30(2018)年のトピックス

ここから本文です。

更新日:2018年10月30日

第22回全国障害者スポーツ大会「いちご一会とちぎ大会」平成30(2018)年のトピックス

第18回全国障害者スポーツ大会栃木県選手団の成績について 

 平成30(2018)年10月13日(土曜日)から15日(月曜日)までの3日間、福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会福井しあわせ元気大会において、栃木県選手団は37個(金14個、銀16個、銅7個)のメダルを獲得しました。

 第18回全国障害者スポーツ大会福井しあわせ元気大会での栃木県選手団の結果(PDF:123KB)
 栃木県選手団記録一覧(PDF:165KB)

第18回全国障害者スポーツ大会栃木県選手団結団式が行われました。

 平成30(2018)年10月4日(木曜日)、とちぎ福祉プラザ多目的ホールで「第18回全国障害者スポーツ大会栃木県選手団結団式」を行いました。

 今年は、10月13日(土曜日)から15日(月曜日)までの3日間、福井県で開催され、本県からは64名(選手32名、役員32名)の選手団が参加します。

 結団式では、北村副知事から団旗が授与されたほか、アーチェリーに出場する齋藤宏一主将による選手宣誓などが行われました。

 選手の皆さん、頑張ってください!!

 

団旗授与

集合写真

県民の日記念イベントで「いちご一会とちぎ大会」開催をPRしました。

 平成30(2018)年6月16日(土曜日)に栃木県庁で開催された県民の日記念イベントで第22回全国障害者スポーツ大会「いちご一会とちぎ大会」開催をPRしました。

 本館15階では、第22回全国障害者スポーツ大会の愛称「いちご一会とちぎ大会」、スローガン「夢を感動へ。感動を未来へ。」をPRしたほか、実施競技の内容や競技会の会場地等を紹介しました。

 本館2階では、パラリンピック正式競技「ボッチャ」を原型とした栃木県発祥の障害者スポーツである「コントロールアタック」の体験会を実施し、多くの人が楽しく障害者スポーツを体験しました。 

 

 tenji kontakku

                                       

第22回全国障害者スポーツ大会情報支援スタッフ養成連絡会議第1回会議を開催しました

 平成30(2018)年5月25日(金曜日)にとちぎ福祉プラザ3階社協会議室において、第22回全国障害者スポーツ大会情報支援スタッフ養成連絡会議第1回会議を開催しました。

 この連絡会議は、大会に参加する聴覚に障害のある選手、役員及び観客などに対し、手話や要約筆記により競技の進行状況等の情報を提供するとともに、自由なコミュニケーションができるよう支援体制を整備するために設置されました。

 会議では、情報支援スタッフの養成について活発な意見交換が行われました。

 

 430052501 430052502

                                       

“とちぎ健康の森 森フェス2018”で「いちご一会とちぎ大会」開催をPRしました。

 平成30(2018)年5月19日(土曜日)にとちぎ健康の森で開催された森フェス2018で第22回全国障害者スポーツ大会「いちご一会とちぎ大会」開催をPRしました。
 ブースでは、平成34(2022)年に「いちご一会とちぎ大会」が開催されることの周知、会場地の紹介や実施競技の解説等を行いました。

 

 morifesu2018_01 出展の様子2

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

障害福祉課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館4階

電話番号:028-623-3923

ファックス番号:028-623-3052

Email:syougai-fukushi@pref.tochigi.lg.jp