ホーム > 福祉・医療 > 障害者 > 社会参加・就労支援 > 社会参加 > 障害のある人を支援する意思疎通支援者(手話通訳者・要約筆記者・盲ろう者向け通訳・介助員)の養成について

ここから本文です。

更新日:2017年3月17日

障害のある人を支援する意思疎通支援者(手話通訳者・要約筆記者・盲ろう者向け通訳・介助員)の養成について

 

  県では、聴覚や視覚などの障害のため、意思疎通を図ることに支障がある方を支援するため、意思疎通支援者を養成しています。

   平成29年度養成講習会募集中(申込期間 平成29年3月6日(月曜)から平成29年4月1日(土曜)まで)(サイト内の別ページにリンクします)

   平成29年度養成講習会募集中(申込期間 平成29年3月6日(月曜)から平成29年4月7日(金曜)まで)(サイト内の別ページにリンクします)

   平成29年度養成講習会募集中(申込期間 平成29年5月19日(金曜)まで)(サイト内の別ページにリンクします)

 

 

 なお、手話通訳者、要約筆記者の派遣は、

 

 にお問い合わせください。

 

 また、盲ろう者向け通訳・介助員の派遣は、

  •  栃木盲ろう者友の会 ひばり 電話&FAX:028-621-0860

 にお問い合わせください。

 手話通訳者の養成

  地域において、聴覚や音声、言語機能に障害のある方の意思疎通のために手話通訳活動を行う「手話通訳者」を養成する講習会を開催しています。

実施主体

  栃木県、宇都宮市(共同開催)

  委託・問合先:社会福祉法人栃木県社会福祉協議会(とちぎ視聴覚障害者情報センター)

                      〒320-8508宇都宮市若草1-10-6 とちぎ福祉プラザ2階

                       電話028-621-6208 FAX028-627-6880

 

養成講座の内容

  市町が実施する「手話奉仕員養成講座」(約80時間)の修了者等を対象に、手話通訳者養成講座(3年間約120時間)を実施します。

  • 手話通訳者 養成1
  • 手話通訳者 養成2 ※「手話通訳者 養成1」修了者対象 
  • 実践課程 ※「手話通訳者 養成2」修了者対象

 〇平成29年度養成講習会受講生を募集しています(申込期間 平成29年3月6日(月曜)から平成29年4月2日(土曜)まで)
 

   ◎入講試験 平成29年4月22日(土曜日)9時30分から「とちぎ福祉プラザ」にて実施

   ◎講習会日程
      手話通訳1、県央会場・県南会場・県北会場の3ヵ所で開催します。
      手話通訳2は県央会場・県南会場の2ヵ所で開催します。
      実践課程は県央会場(木曜日コース、土曜日コース)で開催します。

      (1)手話通訳1(全38回)
      ・県央会場(毎週土曜日 午前)
        平成29年5月13日(土曜)から平成30年2月
        午前10時から11時30分
     ・県南会場(毎週木曜日 午前)
        平成29年5月11日(木曜)から平成30年2月
        午前10時から11時30分
     ・県北会場
        日程未定(平成29年5月から平成30年2月)

     (2)手話通訳2(全36回)
     ・県央会場(毎週土曜日 午前)
        平成29年5月13日(土曜)から平成30年2月
        午前10時から11時30分
     ・県央会場(毎週木曜日 午後)
        平成29年5月11日(木曜)から平成30年2月
        午前13時30分から15時

    (3)実践課程(全15回)
    ・県央会場1(毎週土曜日 午前コース)
       平成29年5月13日(土曜)から平成29年8月
       午前10時から11時30分
    ・県央会場2(毎週木曜日 午前コース)
       平成29年5月18日(木曜)から平成29年8月
       午前10時から11時30分

参考:平成28年度の実施状況

            手話通訳者 養成1:平成28年5月から平成29年2月(全36回、宇都宮会場:毎週土曜日、栃木会場:毎週木曜日)

            手話通訳者 養成2:平成28年5月から平成29年2月(全35回、宇都宮会場:毎週土曜日、栃木会場:毎週木曜日)

            実践:平成28年5月から8月(全13回、宇都宮会場:毎週土曜日)

 〇市町が実施する「手話奉仕員養成講座」の詳細は、お住まいの市町等にお問い合わせください。

 

栃木県手話通訳者認定試験の実施 

  「手話通訳者養成講座」実践課程までの修了者等を対象に、栃木県手話通訳者認定試験を実施します。

 ※合格された方は、手話通訳者として市町や県が実施する派遣事業や企業・団体からの依頼により講演会や研修会などでの手話通訳にご協力をいただきます。

受験資格

  受験資格は原則として栃木県内に居住し、次のいずれかに該当する者であること。

 (1) 手話通訳者養成課程修了者

 (2) 手話通訳者養成課程修了者と同等の知識及び技術を有する者
     ・ 学校法人大東学園世田谷福祉専門学校手話通訳学科卒業者
     ・ 国立障害者リハビリテーション学院手話通訳学科卒業(見込)者

 (3) 手話通訳者全国統一試験に合格した者(一次試験免除)

 (4) 手話通訳士としての資格を有する者(一次試験免除)

    (社会福祉法人聴力障害者情報文化センターが実施する手話通訳技能認定試験に合格した者)

試験日程及び内容

  試験は一次試験(手話通訳者全国統一試験を採用)、二次試験(面接試験)により実施します。

  【申込み】例年8月下旬から10月上旬

  【一次試験】(手話通訳者全国統一試験) 例年12月第1土曜日

  【一次試験 合格発表】 例年3月上旬

  【二次試験】(栃木県独自試験) 例年3月中下旬 *一次試験合格者を対象に実施

  【二次試験 合格発表】 例年3月中下旬

 

 要約筆記者(手書き・パソコン)の養成

  地域において、聴覚や音声、言語機能に障害のある方の意思疎通のために要約筆記活動を行う「要約筆記者」を養成する講習会を開催しています。

   ※要約筆記とは・・・

     聴覚に障害のある方のうち、主に手話を理解できない中途失聴者や難聴者を対象とした、文字により情報を保障するための手段。
     発話の時点で内容を要約し「通訳」することで、聴覚に障害のある方が健常者と同様の情報を「その場で得る」ことが可能になります。

実施主体

  栃木県、宇都宮市(共同開催)

  委託・問合先:社会福祉法人栃木県社会福祉協議会(とちぎ視聴覚障害者情報センター)

                      〒320-8508宇都宮市若草1-10-6 とちぎ福祉プラザ2階

                       電話028-621-6208 FAX028-627-6880

 

養成講座の内容

  要約筆記者養成講座(1年間・講座時間 約90時間、手書きコース及びパソコンコース)を実施します。

 〇平成29年度養成講習会受講生を募集しています(申込期間 平成29年3月6日(月曜)から平成29年4月7日(金曜)まで)

   ◎講習会日程(全28回)
      両コースとも県央会場で開催します。
     ・県央会場(毎週土曜日 午後)
        平成29年5月6日(土曜)から平成29年12月下旬
        午後1時開始(講習内容により終了時間が異なります。最大午後5時まで)

 

 

   参考:平成28年度の実施状況

 

            要約筆記者養成講座:平成28年5月から12月(全28回、宇都宮会場:毎週土曜日、手書き及びパソコンコース) 

栃木県要約筆記者認定試験の実施

  要約筆記者養成講座の修了者等を対象に、栃木県要約筆記者認定試験を実施します。

 ※合格された方は、要約筆記者として市町や県が実施する派遣事業や企業・団体からの依頼により講演会や研修会などでの要約筆記にご協力をいただきます。

受験資格

  受験資格は原則として栃木県内に居住している、要約筆記者養成講座修了者。

試験日程及び内容

  試験は「全国統一要約筆記者認定試験」により実施します。

  【申込み】例年11月

  【試験】(全国統一要約筆記者認定試験) 例年2月第3日曜日

  【合格発表】 例年3月下旬

 盲ろう者向け通訳・介助員の養成

  情報の取得や単独での歩行が極めて困難な盲ろう者の自立と社会参加の促進を支援する、盲ろう者向け通訳・介助者員を養成する講座を開催しています。

 ※盲ろう者とは・・・

     視覚と聴覚の両方に障害のある人です。盲ろう者は、触覚や残された視力や聴力を活用してコミュニケーションを取りますが、会話を交わす、テレビを見る、ラジオを聞くといったことも困難なため、情報の取得が極端に限られてしまいます。また、視覚に障害があるため単独での歩行が困難です。
     こうしたことから、盲ろう者にとって盲ろう者向け通訳・介助員は日常生活、社会生活を送る上で欠かすことのできない存在です。

実施主体

  栃木県、宇都宮市(共同開催)

  委託・問合先:栃木盲ろう者友の会 ひばり

                      〒320-8508宇都宮市若草1-10-6 とちぎ福祉プラザ2階

                       電話・FAX 028-621-0860

 

養成講座の内容

  盲ろう者向け通訳・介助員養成講座(必修科目 約42時間、選択科目 約42時間)を実施します。

例年、4月~5月に当該年度の受講生を募集します(募集が開始しましたら、詳細を掲載します)。

   参考:平成28年度の実施状況

              必修科目:平成28年6月(全7回、宇都宮会場:毎週土曜日及び日曜日

 ※必修科目を全て履修された方は、盲ろう者向け通訳・介助員として盲ろう者の社会参加等にご協力をいただきます。

 

お問い合わせ

障害福祉課 社会参加促進担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館4階

電話番号:028-623-3053

ファックス番号:028-623-3052

Email:syougai-fukushi@pref.tochigi.lg.jp