ホーム > 県政情報 > 県政の広報 > 報道発表 > 県北児童相談所で発生した公文書の一時紛失について

ここから本文です。

2018年2月13日発表

県北児童相談所で発生した公文書の一時紛失について

 県北児童相談所(以下「児相」という。)の職員が、児童の個人情報が記載された公文書2通を県立学校の敷地内に落とし、一時的に紛失する事故がありましたのでお知らせします。

 

1 経過

  職員は、2月7日(水曜日)に、児童の一時保護解除についての通知書を届けるため関係機関へ出張したが、公用車が全て使用中であったため、自家用車を使用した。この際、相手方が不在で届けられなかった通知書2通を、クリアフォルダに入れた状態で自家用車の助手席に置いたままにしてしまった。

 2月9日(金曜日)の朝に、家族の送迎のため自家用車で向かった県立学校において、家族が車から降りる際に車内にあった通知書がクリアフォルダごと学校敷地内に落ちたものと推測される。

 同日、同校の職員から児相に対し「学校敷地内で児童相談所のものと思われる書類を拾った。」旨の電話連絡があり、落とした職員が直ちに同校に出向いて、クリアフォルダに入った通知書を回収した。

2 対応

 回収したクリアフォルダには通知書2通が入っており、紛失したときと同じ状態で散逸等はないことを確認した。

 通知書の関係先(児童(2通とも同一)の保護者、関係施設及び関係市)に事実を説明の上謝罪した。

3 再発防止策

 児相の全職員に対して個人情報を含む文書の管理を徹底するように改めて指示した。特に、出張等に際しては、書類は必ず鞄等に入れ、車内に放置したりすることのないよう注意した。

お問い合わせ

こども政策課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-3067

ファックス番号:028-623-3070

Email:kodomo@pref.tochigi.lg.jp

広告