ホーム > 県政情報 > 県政の広報 > 催し案内・お知らせ(県政インフォメーション) > 「未就学児を持つ保育士の保育料一部貸付」及び「就職準備金貸付」制度の緩和・拡充について

ここから本文です。

更新日:2017年2月20日

「未就学児を持つ保育士の保育料一部貸付」及び「就職準備金貸付」制度の緩和・拡充について

 栃木県社会福祉協議会で実施中の潜在保育士の「未就学児を持つ保育士の保育料一部貸付事業」及び「就職準備金貸付事業」の貸付対象者の就業条件が週30時間以上から週20時間以上に緩和されました。また、「就職準備金貸付事業」の貸付上限額も20万円から40万円に増額されました。
 また、平成29年度からは保育士を目指す方を対象にした保育士修学資金貸付事業が開始されます。
 詳しくは、栃木県社会福祉協議会「とちぎ保育士・保育所支援センター」までお問い合わせください。

1 貸付事業
 (1) 未就学児をもつ保育士に対する保育料の一部貸付
  •貸付対象:ア又はイの要件を満たす週20時間以上勤務の方
        ア 未就学児をもつ方で、県内の保育所等に新たに勤務する方(再就職含む)
        イ 県内の保育所等に雇用されている方で産休・育休から復帰する方
  •貸付額:保育料の半額で月額2万7千円を上限(1年間を限度)
  •返還免除:県内の保育所等で2年間、保育業務に従事した場合
 (2) 就職準備金貸付
  •貸付対象:県内の保育所等に新たに勤務する方でア及びイの要件をすべて満たす週20時間以上勤務の方
       ア 保育士登録後1年を経過した方又は
         保育士登録後の期間が1年未満の方のうち、養成施設卒業若しくは保育士試験の合格から1年以上経過した方
       イ 保育所等での勤務経験のない方又は直近の保育所等離職日から1年以上経過した方
  •貸付額:40万円以内(1回限り)
  •返還免除:県内の保育所等で2年間、保育業務に従事した場合
 (3)保育士修学資金貸付
  •貸付対象:アからウまでのすべての条件に該当する方
        ア 県内の指定保育士養成学校に在学している方
       ※県外の養成施設の場合は、栃木県在住又は入学の前年度に栃木県に在住していた方に限ります。
       イ 卒業後、県内で保育業務に従事する意思がある方
       ウ 養成施設の修学に関し、他の国庫補助による貸付、離職者訓練制度等を活用していない方
  •貸付額:月額5万円以内(ただし、修学年限に関係なく24ヶ月分までを限度とする)
       入学準備金(1年次)・就職準備金(最終学年)各20万円
  •返還免除:卒業後、保育士資格を取得し、登録後1年以内に県内の保育所等で5年間、保育業務に従事した場合

2 募集期間
 (1)の保育料一部貸付事業と(2)の就職準備金貸付事業は現在募集中
  なお、平成28年4月1日から就職した方で、今回の改正で新たに対象になった方(週20時間以上勤務の方)の募集締切りは平
  成29年9月を予定しております。
 (3)の修学資金貸付は、4月中旬から5月上旬に募集(予定)


主催

社会福祉法人 栃木県社会福祉協議会

申込先

とちぎ保育士・保育所支援センター
〒320-8508 栃木県宇都宮市若草1-10-6 とちぎ福祉プラザ3階(社福)栃木県社会福祉協議会 福祉人材・研修センター内
電話番号:028-307-4194  FAX:028-623-4963

未就学児を持つ保育士の保育料一部貸付チラシ(ワード:56KB)

就職準備金貸付チラシ(ワード:67KB)

保育士修学資金貸付制度のご案内(PDF:301KB)

詳細は、とちぎ保育士・保育所支援センター(外部サイトへリンク)までお問い合わせください。

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

こども政策課 子ども・子育て支援班

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-3065

ファックス番号:028-623-3070

Email:kodomo@pref.tochigi.lg.jp

広告