重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > くらし・環境 > 食生活 > 食の安全・安心 > 食品安全セミナー「HACCPは食品の安全になぜ必要か」を開催しました

更新日:2019年2月27日

ここから本文です。

食品安全セミナー「HACCPは食品の安全になぜ必要か」を開催しました

栃木県では、消費者や食品関連事業者に対し、食品の安全等について知っていただく場、そして、ご意見を頂戴する場として、とちぎ食の安全ネットワークと合同で食品安全セミナーを開催しています。

平成30年度第1回食品安全セミナーを開催しました

テーマ:HACCPは食品の安全になぜ必要か?~HACCPってなんだろう~

日時:平成30(2018)年7月12日(木曜日)13時30分から15時30分まで(開場13時15分)

場所:大田原西地区公民館(2階)第3・第4会議室(大田原市浅香3丁目3578番地747)

内容:

(1)基調講演「HACCPは食品の安全になぜ必要か?」講師:宇都宮大学名誉教授宇田靖氏

(2)報告事項「とちぎHACCPの推進等県の取組について」報告者:栃木県保健福祉部生活衛生課食品安全推進班長町田剛

参加者:70名(消費者、食品関連事業者)

参加費:無料

標題の画像(チラシのダウンロードができます) ←チラシはこちらからダウンロードできます。

 

お問い合わせ

生活衛生課 食品安全推進班

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-3114

ファックス番号:028-623-3116

Email:eisei@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告