ホーム > 県政情報 > 県政の広報 > 報道発表 > 食中毒の発生について

ここから本文です。

2016年12月31日発表

食中毒の発生について

 平成28年12月27日(火)、壬生町内の医療機関から県南健康福祉センターに「870名の入院患者のうち160名が下痢、嘔吐等の症状を呈している。発症者のノロウイルス検査結果は陽性だった」との通報があったため、同センターが調査を開始した。

 調査の結果、当該病院の入院患者及び病院関係者のうち280名が嘔吐や下痢等の食中毒様症状を呈していることが判明した。
 発症者は、当該病院の給食施設が提供した食事を共通して食べていること、発症者の発症状況に共通性があること、発症者便及び調理従事者便からノロウイルスが検出されたこと、発症者の症状がノロウイルスによるものと一致すること、診察した医師から食中毒届出票が提出されたことから、本日、同センターは、当該給食施設が提供した食事を原因とする食中毒と断定した。
 なお、患者は全員快方に向かっている。

 

栃木県では、現在、

「ノロウイルス食中毒特別警戒情報」発信中です!!

食品関係事業者等、食品を取り扱う方は、特に次の点に注意し、ノロウイルス食中毒を予防しましょう!

(別添リーフレット参照)

・適切な手洗いの励行(トイレ使用後や調理前等、石けんでこまめに手を洗う)

・健康管理の徹底(下痢、嘔吐等の症状がある場合には、調理に従事しない)

・調理器具等の適切な消毒(煮沸や次亜塩素酸ナトリウム液などによる消毒を実施)

・使い捨て手袋等の適切な着用(素手で直接食品に触れない) など

お問い合わせ

生活衛生課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-3109

ファックス番号:028-623-3116

Email:eisei@pref.tochigi.lg.jp

広告