ホーム > くらし・環境 > 生活衛生・動物愛護 > 動物愛護 > 鳥インフルエンザウイルスに関するペット動物についてのお知らせ

ここから本文です。

更新日:2011年2月7日

鳥インフルエンザウイルスに関するペット動物についてのお知らせ

 国内で高病原性鳥インフルエンザが発生したからといって、これまでペットとして家庭で飼われている鳥が直ちに危険になるということではありませんが、飼っている鳥に感染させないように、特に次のことに注意してください。

鳥を飼育する際に注意すること

(1) 飼育施設は定期的に消毒し、清潔な環境で飼育しましょう。

(2) 鳥を渡り鳥などの野鳥に接触させないように、飼養施設を点検、補修して、野鳥が侵入できる穴などはふさぎましょう。

(3) 鳥の様子を毎日よく観察し、異常がみられたらすぐに動物病院を受診しましょう。

「動物園等における飼養鳥に関する高病原性鳥インフルエンザへの対応指針」

 高病原性鳥インフルエンザの発生を踏まえて、「発生の予防」と「早期の発見・通報」が徹底されるよう、「動物園等における飼養鳥に関する高病原性鳥インフルエンザへの対応指針」が、環境省により策定されました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生活衛生課 衛生・水道担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-3110

ファックス番号:028-623-3116

Email:eisei@pref.tochigi.lg.jp