ホーム > くらし・環境 > 食生活 > 食中毒 > ボツリヌス菌を原因物質とする食中毒の発生について

ここから本文です。

更新日:2012年3月26日

ボツリヌス菌を原因物質とする食中毒の発生について

平成24年3月26日(月)、鳥取県において「ボツリヌス食中毒」が発生しました。ボツリヌス菌は非常に強い毒素をつくる細菌で、感染した場合の致死率が高い恐ろしい細菌として知られています

現在、ボツリヌス菌毒素を検出した商品の製造所を管轄する岩手県が流通状況を調査しています。

対象商品がお手元にある場合、決して食べずに最寄りの保健所までご相談ください。

◇鳥取県の公表資料:「ボツリヌス食中毒の発生について」(PDF:526KB)

◇岩手県の公表資料:「岩手県において製造された食品の自主回収について」(PDF:251KB)

 

参考:「ボツリヌス菌とは」

最寄りの保健所一覧

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生活衛生課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-3110

ファックス番号:028-623-3116

Email:eisei@pref.tochigi.lg.jp