ここから本文です。

更新日:2015年11月9日

ガスパン遊びは非常に危険です

 県内でガスライター用のボンベのガスを吸引して遊んでいた男子高校生が死亡する事故が発生しました。これは、「ガスパン遊び」と言われるもので、吸引により、酩酊(酔ったような)状態を体験する遊びで、死亡事故や、ガスへの引火による爆発事故も発生しています。

 「ガスパン遊び」で使用するのは、ライターガス、カセットコンロ用ガスまたは制汗スプレーなどがあります。これらに用いられているガスは「ブタンガス」や「プロパンガス」で、吸引することは大変危険です。絶対に止めてください。

もし、これらにより体調が悪くなった場合は、医療機関を受診してください。

ガスパン遊びの危険性について

酸素欠乏

・ガスを吸引することにより、急激な酸素欠乏を起こします。

・酸素欠乏により呼吸停止、死亡する可能性もあります。

引火・爆発

・ガスパン遊びに使用されるガスは引火性が高いため、密室では爆発する可能性があります。

麻酔作用

・吸引すると脳が麻痺して酩酊(酔ったような)状態になります。

・幻覚、幻聴、妄想、時には激しい興奮状態を生じます。

ガスパン遊びは一度だけでも命取り

公園、路上等でガスパン遊びを見かけたら、速やかに警察に通報してください。

保護者の方へ

・日頃から対話を心がけ、子供の生活の変化を見逃さないでください。

・閉鎖的な場所を子供に作らせないでください。

・子供のガスパン遊びが分かったら警察に相談してください。

学校の先生へ

・ガスパン遊びが危険なことを機会があることに指導してください。

・生徒、児童のガスパン遊びを知ったら警察に相談してください。

 

お問い合わせ

薬務課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-3119

ファックス番号:028-623-3121

Email:yakumu@pref.tochigi.lg.jp

広告