ホーム > 福祉・医療 > 医療 > 医薬品・毒劇物 > 麻薬及び向精神薬取締法施行規則の一部の改正について

ここから本文です。

更新日:2011年8月9日

麻薬及び向精神薬取締法施行規則の一部の改正について

 平成23年2月23日、向精神薬として新たな剤型である経皮吸収型製剤の医薬品(ノルスパンテープ)が承認されたことから、麻薬及び向精神薬取締法施行規則(以下「施行規則」という。)第41条第1項の規定(向精神薬取扱者による向精神薬の事故の届出)が改正されました。

改正の要旨

 施行規則の改正により以下の点が変更となります。

  1. 施行規則第41条第1項の規定の改正により、同項の表に事故の届出を行う向精神薬の剤型として、新たに「経皮吸収型製剤」が追加されました。
  2. 1に併せ、経皮吸収型製剤にかかる事故の届出を要する数量として、「10枚以上」と規定されました。 

施行日

  • 平成23年3月16日から施行

お問い合わせ

薬務課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-3119

ファックス番号:028-623-3121

Email:yakumu@pref.tochigi.lg.jp

広告