ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 保健福祉部 > 衛生福祉大学校 > チーム医療PBL(問題解決型学習)に参加しました。

ここから本文です。

更新日:2019年10月11日

チーム医療PBL(問題解決型学習)に参加しました。

 今回のチーム医療PBLは獨協医科大学医学部の新しい教育プログラムです。

本プログラムは、獨協医科大学医学部を中心に多職種連携教育のために考案されました。今回は、医学・看護学・薬学・理学療法・作業療法・言語聴覚療法及び臨床検査学(本校)を学ぶ学生が、チーム医療PBLを通して、互いの職種について理解しチーム医療の意義を学ぶことを目的に2日間の日程で開催され、学生2名と職員2名が参加しました。チーム医療を学ぶ大変良い機会をいただき、感謝申し上げます。

プログラムは、グループごとに課題(症例)へのアプローチ方法について各職種の視点で意見を出し合い、ディスカッションして、発表する形式でした。いずれの課題も決まった正解はなく、柔軟な発想で自由で活発な対話を通して多様な意見に触れることで学び、多職種連携の意義を感じることが目的です。

PBL1PBL2PBL3

最後のグループワークはKJ法で「多職種連携において重要なこと」をテーマに意見を集約し、模造紙にまとめて、グループごとに発表しました。(KJ法とは、多様な意見を集め、整理・統合して全体像を把握する手法)

PBL4PBL5

2日間のプログラム、お疲れ様でした。 

 PBL7

お問い合わせ

衛生福祉大学校 臨床検査学部

〒320-0834 宇都宮市陽南4-2-1

電話番号:028-645-8146

ファックス番号:028-659-8551

Email:eiseifukushi-dai@pref.tochigi.lg.jp

広告