ここから本文です。

更新日:2016年9月6日

卒業生からのメッセージ

 

jiti 

 私は平成28年度に卒業し、自治医科大学附属病院の整形外科病棟で勤務しています。現在は看護師の仕事にも慣れ、充実した日々を過ごしています。手術後にリハビリで回復していく過程や退院していく患者さんの笑顔を見るとやりがいを感じます。

 県南高等看護専門学院の最大の魅力は、少人数制であり、学生一人一人の自主性を大切にしてもらえることや、同じ夢を目指す大切な仲間に出会えることです。また、授業や臨地実習では、先生方や病棟スタッフの方々の熱心な指導が受けられ、知識や技術を身に付けることができます。さらに、クラスメイトとは辛いことも楽しいことも共有し、素晴らしい学生生活を送ることができました。そして、県立の学校であることから学費も安く親への経済的負担を軽減することもできました。

 振り返れば、学院生活はとても充実したものであり、授業や実習で得たものは、臨床で働くうえでの自信となっています。県南高等看護専門学院は、命を預かる看護師としてスタートするために最高の準備ができる学校です。

 

         自治医科大学附属病院   

看護師  市塙 裕也 さん  (平成28年度卒業)

                

 私は、県南高等看護専門学院を卒業後、佐野厚生総合病院の循環器内科で働いています。重症の患者さんが多く、緊張感のある病棟ですが、日々先輩方にご指導頂きながら業務に励んでいます。少しずつできることを増やしながら、患者さんに寄り添った看護を提供できるように日々努力しています。

 県南高等看護専門学院は、一学年30~40人の少人数制で、教員と生徒の距離が近く、個人の能力や性格に合った指導を受けることができます。そのため私は、授業や実習のことからプライベートなことも気軽に相談に乗って頂き、三年間の学院生活を過ごすことができました。そして何よりも充実した学院生活を送ることができたのは、苦楽を共にした友人の存在です。年齢に関係なく卒業した現在でも連絡を取り合い、仕事の悩みを相談しています。

 学院生活で得たものは看護の知識や技術だけでなく、学生を優しい笑顔で受け入れて下さった多くの患者さんとの出会いです。看護師を志す皆さんも、魅力あるこの学院で目標に向けて頑張ってほしいです。

 

         佐野厚生総合病院

看護師  小野 あゆみ さん (平成28年度卒業) 

sano

 

dokkyo

 私は、県南高等看護専門学院を卒業後、獨協医科大学病院の手術室で働いています。入職当初は戸惑うこともありましたが、器械出しを何度も実践するうちに手術室での看護というものが少しずつ分かり、自信がついてきています。

 県南高等看護専門学院の教育理念は「豊かな感性と創造性を育み、自主性と誠実性を備え、科学的根拠を基盤とした看護実践者の育成をめざす」であり、教員と一緒に看護について考え話すことができる環境です。クラスメイトは学生から社会人を経験した人もおり、幅広い知識や経験ができ、充実した学校生活を送ることができました。学校は県立のため学費が安く、両親に経済的負担が少なく、私がこの学校を選択する条件が揃っており、とても魅力的で、この学校を選択してよかったと感じています。みどり豊かな学習環境で学校生活を送れる県南高等看護専門学院は、素晴らしい学校です。

 

         獨協医科大学病院

看護師  鈴木 楓 さん (平成28年度卒業)

 私が県南高等看護専門学院を志望した理由は、少人数制で学生と先生の距離が近いため個々にあった指導が受けられると考えたからです。実際に先生からは、細やかな指導が受けられ充実した学生生活を送ることができました。また、学費も安く経済的な負担が少ないので、学業に専念することができます。

 実習においては、学校で学んだことを活かし、先生方や病院の指導者さんの指導のもと大きく成長することができました。同じ看護師を目指す仲間がいることで、励まし合いながら頑張れました。

 今は、とちぎメディカルセンターしもつがの整形外科病棟に勤務しています。急性期病院なので患者様の入れ替わりは多いですが、少しでも良くなって退院される患者に元気をもらい頑張っています。これからも県南高等看護専門学院で学んだことを忘れずに、笑顔の絶えない看護師であることを目標に頑張っていきたいと思います。

 

         とちぎメディカルセンターしもつが

看護師  若林 風花 さん (平成28年度卒業) 

simotuga

 

お問い合わせ

県南高等看護専門学院

〒328-0007 栃木市大塚町1258-4

電話番号:0282-27-7888

ファックス番号:0282-27-9455

Email:kennan-koukan@pref.tochigi.lg.jp