ここから本文です。

更新日:2017年4月21日

ごあいさつ

                                             栃木県県南高等看護専門学院 

                                                  院長 五月女祐子 

 

 本学院は昭和51年4月に開校し、今年で42周年を迎えます。

 開校当初は2年課程の看護師養成を行っていましたが、平成21年度からは3年課程の看護師養成所となりました。

 これまでに2200名を超える卒業生を医療現場に送り出し、卒業生たちは今も県内外で看護職として活躍しています。

 本学院は「豊かな感性と創造性を育み、自主性と誠実性を備え、科学的根拠を基盤とした看護実践者の育成」を教育理念としています。

  看護師は「人」を相手にする専門職です。看護の対象者は年齢も健康レベルも、生活背景も様々であり、それぞれの方々への理解を深め、よりよい看護を提供していくためには、専門的な知識技術の習得はもちろん、看護を行う者自身の人間としての成長が不可欠です。

 本学院では教員が学生にきめ細かく関わり、「看護」の楽しさややりがいなどを感じられるように、そして人間的にも成長できるように支援していきます。

  みどり豊かな学習環境で学生生活を満喫し、「看護師になる」という夢を実現しませんか。教職員一同、全力で皆さんの夢を応援します。

 

 

お問い合わせ

県南高等看護専門学院

〒328-0007 栃木市大塚町1258-4

電話番号:0282-27-7888

ファックス番号:0282-27-9455

Email:kennan-koukan@pref.tochigi.lg.jp