ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 保健福祉部 > 岡本台病院 > 医療観察法病棟について

ここから本文です。

更新日:2015年12月27日

医療観察法病棟について

医療観察法病棟の目的

 平成17年7月に施行された「心神喪失者等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律」に基づき、心神喪失又は心神耗弱の状態で重大な他害行為を行った者を対象として社会復帰を継続的に支援・促進することを目的としています。

病棟の基本理念

 ・ ノーマライゼーションの観点も踏まえた対象者の社会復帰の早期実現
 ・ 標準化された臨床データの蓄積に基づく多職種チームによる医療提供
 ・ プライバシーなどの人権に配慮した透明性の高い医療の提供

病棟における医療内容

 ・ 適正かつ効果的な専門医療の提供
 ・ 多職種チームによる治療
 ・ 人権に配慮した透明性の高い医療の提供や地域連携
 ・ 自己コントロール能力や問題解決能力、日常・社会生活能力を高める関わり

治療ステージ

 3つのステージに移行しながら治療していくこととなります。3つのステージは次のとおりです。
 ・ 急性期
 ・ 回復期
 ・ 社会復帰期

 

 

もどる

お問い合わせ

岡本台病院

〒329-1104 宇都宮市下岡本町2162

電話番号:028-673-2211

ファックス番号:028-673-2214

Email:okamotodai@pref.tochigi.lg.jp