ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 保健福祉部 > 岡本台病院 > アルコール・薬物依存症

ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

アルコール・薬物依存症

アルコール・薬物依存症医療

 当院では、栃木県内で現在唯一のアルコール専門外来が設けられています。

 内科などの身体科や一般精神科からのご紹介で来院される方もいれば、ご自身の飲酒状況が心配で足を運ばれる方もいます。困っていることや心配なことが何なのかを確認しながら問題解決を目指していきます。

 アルコール依存症治療は基本は外来治療ですが、困難な場合は入院治療をお勧めすることもあります。入院治療は2週間単位でアルコールリハビリテーションプログラム(ARP)を行っています。また、入院は基本任意入院ですので、ご本人の同意と理解を必要とします。通院の方も入院のプログラムに参加することは可能です。近年はアルコール依存症の薬物治療の幅も広がっています。

 薬物依存症等の治療は、地域の自助グループと連携をとりながら行っています。アルコールと同様基本は外来での治療ですが、病状が悪いときには入院治療も行うことがあります。外来では、ご家族のみの家族相談も受け付けております。

 まず、ご本人・ご家族とも外来に気楽に来ていただければと思います。

もどる

お問い合わせ

岡本台病院

〒329-1104 宇都宮市下岡本町2162

電話番号:028-673-2211

ファックス番号:028-673-2214

Email:okamotodai@pref.tochigi.lg.jp