ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

キャリア開発フロー

 

クリニカルラダーとは

  看護師の臨床実践に必要な能力を組織的役割遂行能力、看護実践能力、教育・研究能力、倫理・社会性の4つとし、これらの能力を段階的にレベルで表現したもの。

  組織的役割遂行能力:看護管理・経営・教育指導

看護実践能力:看護技術・看護過程・感染防止・看護倫理・医療安全・救急看護

教育・研究能力:看護観・教育・研究

倫理・社会性:主体性・働きかける力・実行力・課題発見力・計画力・創造力・発信力・

傾聴力・柔軟性・状況把握力・規律性・ストレス対処

 

目的

1.看護師の臨床実践能力を評価し、能力向上の動機づけとする。

2.看護師の職務満足度を向上させる。

3.看護師の個々の能力の向上に役立て、レベルアップの機会とする。

4.段階的な教育支援の基準とする。

 

到達目標

▶レベル1.A(新卒・新人1年目)

  指導を受けながら、自立に向けた技術の習得ができる。

▶ベル1.B(既卒・精神科1年目)

  助言を受けながら、精神科技術において自立に向けた技術の習得ができる。

▶レベル2.

  自立・自律的な看護業務が遂行できる。

▶レベル3.

  専門領域において役割モデルになることができる。

▶レベル4.

  チームメンバーの方向付けや後輩の育成及び部署の目標達成に向けた自己役割を遂行できる。

▶レベルS(専門・認定看護師及び準ずる者)

  修得した専門知識、技術を発揮し、専門分野において院内外の医療、看護の質の向上と教育ができる。

▶レベルM(副師長)

  看護実践のリーダーとして現任教育の中心的役割を担う。

  師長を補佐しスタッフのパイプ役となる。

▶レベルM(師長)

  病院運営の動向をふまえた行動を起こし、看護単位でマネージメントできる。

▶レベルTM(部長・副部長)

  看護部内の理念及び目標を達成するために部内の管理者としての責務を果たす。

クリニカルラダー段階別到達目標【役割・看護・教育】(PDF:215KB)

クリニカルラダー段階別到達目標【社会人基礎】(PDF:287KB)

もどる

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

岡本台病院 看護部

〒329-1104 宇都宮市下岡本町2162

電話番号:028-673-2211

ファックス番号:028-673-2214

Email:okamotodai@pref.tochigi.lg.jp