ここから本文です。

更新日:2016年5月3日

入院について

入院手続き

入院が決まりましたら、受付窓口にて入院手続きを行ってください。
病棟には入院する病棟の担当看護師がご案内いたします。

入院手続きに必要なもの

・健康保険証、その他関係書類(各種受給者証等)
・入院者、家族等及び連帯保証人の印鑑
・診察券

入院時の提出書類

・入院申込書
・誓約書
・同意書

・入院診療計画書(申込時点で用意します)

  医療保護入院の場合は、家族等の選任の手続きが必要となることがあります。
詳しくは、入院手続時に担当者が詳しくご説明いたします。

入院形態

入院は精神保健福祉法に基づき、次ぎのような入院形態となります。

任意入院 ・・・・・・ ご本人の同意に基づく入院
医療保護入院 ・・ 家族等の同意に基づく入院
措置入院 ・・・・・・ 県知事の命令に基づく入院

 

入院生活に必要なもの

入院に必要なもの

・普段着、ジャージ、タオル等の衣類
・洗面器、石けん、歯ブラシ、ブラシ、くし、上履き等の日用品
・湯飲み茶碗(プラスチック製のもの。ガラス製・陶磁器類は使用できません。)
・テレホンカード
・電気カミソリ、ラジカセ、CD・MDプレイヤーなど(充電式を用意してください。)

持ち込みの制限があるもの

・貴重品、携帯電話、パソコン、ゲームの持ち込みはご遠慮ください。
 公衆電話は各病棟に設置してあります。
・ナイフ、ハサミ、カッター、ガラス製品などの危険物は持ち込み禁止です。
・ライター、マッチ類は火災防止のため、病棟管理となります。

病状により持ち物類を制限することがあります。詳しくは主治医又は病棟看護師にお尋ねください。

 

入院中の食事について

当院では、管理栄養士により管理された食事を温蔵庫・保温容器・保温食器などを使用して温かいものは温かく、冷たいものは冷たく、適時・適温で提供しております。

食事時間

  朝食 7時
  昼食 12時
  夕食 18時

栄養・食事指導

食事に関して相談を受けたい場合は主治医にお伝えください。
食事内容の検討など、管理栄養士がお伺いします。

デイ・ケア給食

デイ・ケアが実施される日のうち、希望される方に、昼食としてデイ・ケア給食を実施しています。
詳しくは、デイ・ケアスタッフにお尋ねください。

その他

新鮮な食材を使用し、おせち料理や節句などの季節に応じた食事や、運動会・クリスマス会などの行事に合わせた食事を真心込めて丁寧に調理して提供しております。

 

入院中の注意事項

入院中は主治医及び看護師の指示に従い、次のことを守って規則正しい生活をお過ごしください。

面会時間

面会時間は午前9時00分~午後6時00分です。

面会は原則的に自由ですが、患者さんの症状や治療上やむを得ず面会を制限する場合がありますのでご了承ください。

差し入れ品は、危険防止のため内容を確認させていただくことがありますのでご了承ください。

外出・外泊について

外出・外泊は症状等を考慮して主治医が決定します。外泊は原則として家族同伴でお願いします。

外泊から帰院するときは、遅くとも午後6時頃までにはお戻りください。

帰院時には私物の内容を確認させていただきますのでご了承ください。

電話・郵便について

各病棟に公衆電話が設置してありますが、症状等により主治医の指示にて電話を制限する場合がありますのでご了承ください。

ご家族等からの電話はおつなぎできません。折り返し患者さんから電話をしていただくこととなりますのでご了承ください。

郵便物・小包等は、危険防止のため主治医又は看護師立会のもと、患者さん自身に開封していただくことがありますのでご了承ください。

その他

洗濯は病棟内の洗濯機を使用してください。

入浴は決められた入浴日・時間にお願いします。

主治医の許可により私物を自己管理する場合は、個人ロッカーを利用してください。

起床時間は6時、就寝時間は9時です。

入院中に病棟・病室が変わることがありますのでご了承ください。

 

入院費のお支払い

入院費のお支払い

 入院費用は月末締めで計算し、翌月10日頃に請求いたします。月の途中で退院された時は、当月分を退院時に請求させていただきますので精算されて退院してください。
 入院費は定められた日までに会計窓口でお支払いいただくか、足利銀行本支店窓口でお支払いください。
 なお、お支払いは各種の制度が利用できます。詳しくは、会計窓口でお尋ねください。

利用できる諸制度

 精神の障害を持つ方々の医療や社会復帰のために利用できる主な制度です。
 詳しくは、病院のケースワーカーや市町村の保健福祉担当窓口、精神保健福祉センター等へご相談ください。

1 自立支援医療費制度
精神疾患で通院医療を受ける場合に医療費の自己負担が軽減されます。通院医療の場合、全体の医療費の10%が自己負担となります。

2 高額療養費制度
同月内の医療費の一部負担額が「自己負担限度額」を超えた場合には、市町村の保健担当窓口に申請することにより超過額が返還されます。または、「限度額適用認定証」を提示いただくと支払いが自己負担限度額までとなります。

3 障害者福祉手帳(精神障害者保健福祉手帳)
認定手帳で、手帳を提示することで税控除や各種福祉サービスが受けやすくなります。また、自立支援医療費制度の手続きが簡単になります。

 

 

病棟案内

 

病床数 221床

  1病棟(精神科救急病棟) 45床
  2病棟(男子閉鎖病棟) 51床
  3病棟(女子閉鎖病棟) 51床
  5病棟(混合閉鎖病棟) 56床
  7病棟(医療観察法病棟) 18床

病棟 見取り図

病棟見取り図をPDF形式でご覧いただけます。なお、7病棟見取り図は、病棟の性質上ご覧いただけません。
  第1病棟(PDF:40KB)
  第2,3,5病棟(PDF:64KB) (PDF:64KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

岡本台病院

〒329-1104 宇都宮市下岡本町2162

電話番号:028-673-2211

ファックス番号:028-673-2214

Email:okamotodai@pref.tochigi.lg.jp