ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

社会復帰科

 社会復帰科では、ソーシャルワーク担当、訪問看護担当、公認心理師で構成されています。職員は、精神保健福祉士・看護師・臨床心理士と他職種が配置され、それぞれ専門性を活かし当事者やご家族をはじめ関係機関からの相談や、入院援助から地域での生活移行・継続の支援等、幅広い業務を行っています。

ソーシャルワーク担当

 入院者をはじめ外来通院者やご家族が、安心して適切な医療が受けられるようご相談を受け、各種福祉サービスのご案内をしています。

 ソーシャルワーカーは、病院の窓口として地域の各関係機関や施設等と連携する役割を担い、地域に根ざし信頼される医療を目指しています。

 また、当院で治療をされている統合失調症、アルコール依存症のご家族を対象とした家族教室も行っています。参加希望の方は、お問い合わせください。

スタッフ

精神保健福祉士が担当しています。 

利用手続

外来者および外来者のご家族は外来看護師に、入院者および入院者のご家族は病棟看護師に申し出てください。なお、外来、入院を問わず直接電話で相談予約することも可能です。 

相談時間

平日の午前9時から午後4時までとなっています。 

家族教室等

・アルコール家族教室(平成31年度の開催予定)H31.4掲載予定 

心理担当

 臨床心理学的な立場から、外来通院や入院している方々の問題解決が図れるようにサポートしていきます。

心理アセスメント

 医師の判断に基づいて、心理テストを行います。診断や治療方針を立てる際に活かされるようアセスメント結果を医師に情報提供します。また、心理テストを受けていただいた方々に自己理解を深める機会になるようにしています。

心理面接

 医師の判断に基づき、入院の方に行っています。

外来の方については、原則として外部の相談機関を紹介しています。

スタッフ

 公認心理師

利用手続

 心理検査を実施するには主治医の指示が必要です。主治医にご相談ください。

もどる

お問い合わせ

岡本台病院 社会復帰科

〒329-1104 宇都宮市下岡本町2162

電話番号:028-673-2211

ファックス番号:028-673-2214

Email:okamotodai@pref.tochigi.lg.jp

広告