ホーム > 県政情報 > 県政の広報 > 催し案内・お知らせ(県政インフォメーション) > とちぎの食!ファンづくりバスツアーを開催しました

ここから本文です。

更新日:2018年3月7日

とちぎの食!ファンづくりバスツアーを開催しました

 食品製造に関する理解を促進し、本県食品に対する共感の輪を広げ、とちぎの食のファンづくりを推進するため、県内の食品メーカーの工場等生産現場を見学し、商品開発の背景やストーリーなど、とちぎの食の魅力を伝えるバスツアーを開催しました。
 参加者からは、それぞれの見学を通じて、「とちぎの良さを発見できた。」「楽しく貴重な体験をした。」「とちぎの食をアピールしたい。」等との声をいただきました。
 なお、バスツアーは、次回の開催を予定しています。ホームページ等でご案内しますので、ぜひご参加ください。

【内容】
 ◯日時    平成30年2月23日(金)9時30分~16時
 ◯見学場所 ・栃木県農業試験場いちご研究所(栃木市)
       ・有限会社いちごの里湯本農場加工工場・店舗等(小山市)
       ・栃木乳業株式会社工場(栃木市)
       ・岩下食品株式会社岩下の新生姜ミュージアム(栃木市)       
 ◯参加者   SNS等を利用して食べ物、グルメ情報などを発信している方

 ichigoken

 [栃木県農業試験場いちご研究所] 

 「いちご王国・栃木」が誇る試験研究機関の圃場を見学しながら、栃木県が開発した自慢のいちご「スカイベリー」の誕生など、品種育成の説明がありました。
 参加者は、研究所内の展示コーナーでいちごの種類別の香りの違いを体験したり、いちごの形をした蛇口なども見学しました。 

         

                                 

ichigonosato

 

 [有限会社いちごの里湯本農場加工工場・店舗等] 

 「いちごシーズン」で賑わういちごの里の歩み・経営や商品づくりなどのお話をお聞きしながら、加工工場を見学しました。
 参加者は、地元野菜を使った食事やいちごスイーツのビュッフェ、いちご加工食品のショッピングを楽しみました。 

 

 

 

    tochinyu

 

 [栃木乳業株式会社]  

 60年続く「関東・栃木レモン(レモン牛乳)」物語などの講話をお聞きしたり、ビデオを観賞したあと、工場で「栃木コーヒー」の瓶詰めラインや社員の方が働く様子を見学しました。
 参加者は、栃木県産生乳100%の白桃味の飲むヨーグルトの試飲や、「関東・栃木レモン」グッズとの写真撮影を楽しみました。

 

 

           iwasita

 [岩下食品株式会社岩下の新生姜ミュージアム]

 消費者の意見を取り入れたり、他社とコラボレーションするなど、ピンク色の「岩下の新生姜」の商品企画・開発・展開のストーリーをお聞きしました。
 参加者は、様々な展示やアトラクションを楽しみ、また、生姜の甘酒のサービスがありました。

 

 

 

 

  

お問い合わせ

産業政策課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館6階

電話番号:028-623-3203

ファックス番号:028-623-3167

Email:sangyo@pref.tochigi.lg.jp

広告