ホーム > 産業・しごと > 商工業・企業立地 > 産業施策 > フードバレーとちぎ農商工ファンド活用助成事業に係る事業計画を募集します(第2次)

ここから本文です。

更新日:2020年4月17日

フードバレーとちぎ農商工ファンド活用助成事業に係る事業計画を募集します(第2次)

  「フードバレーとちぎ農商工ファンド活用助成事業」は、フードバレーとちぎ農商工ファンドの運用益を活用し、県内中小企業者等と県内農林漁業者との連携体が行う県産農産物等を活用した様々 な取組や県内農商工連携支援機関が行う農商工連携支援の取組に対してその経費を一部助成することで、農業者や食品製造業をはじめとする県内食品関連産業の活性化を目指すものです。

  令和2(2020)年度の「フードバレーとちぎ農商工ファンド活用助成事業」に係る事業計画の第2次募集について、次のとおり行います。

1. 募集期間

令和2(2020)年4月20日(月曜日)~6月5日(金曜日)
(事業計画の採否決定は、令和2(2020)年8月上旬を予定)

2. 助成事業の内容

(1) 新商品等開発支援事業

助成対象者 (1)中小企業者(農林漁業者を除く。)と農林漁業者との連携体
(2)自ら事業を行うNPO法人等の中小企業者以外の者と農林漁業者との連携体
助成対象事業 県産農産物等を活用した新商品・新役務の実用化に向けた市場動向調査、試作品開発、その他研究開発に要する経費への助成(市場動向調査単独では不可。)
助成対象経費 謝金、旅費、研究開発費、庁費、委託費、その他の経費
助成期間 交付決定日から最長で令和2年12月末まで
助成限度額 500万円
助成率 4/5以内

※いちごの加工食品の開発又は関西圏への販路開拓が主な目的であると認められる場合には、助成対象の選定にあたり一定の配慮を行います。

(2) 創業支援事業

助成対象者 (1)中小企業者(農林漁業者を除く。)と農林漁業者との連携体
(2)自ら事業を行うNPO法人等の中小企業者以外の者と農林漁業者との連携体
助成対象事業 県内に事務所を設置して県産農産物等を活用した事業を行う者の創業時に要する事務所改装費、運営費、広報宣伝費への助成
助成対象経費 改装費、運営費、広告宣伝費
助成期間 交付決定日から最長で令和2年12月末まで
助成限度額 200万円
助成率 4/5以内

 

(3) 販路開拓支援事業

助成対象者 (1)中小企業者(農林漁業者を除く。)と農林漁業者との連携体
(2)自ら事業を行うNPO法人等の中小企業者以外の者と農林漁業者との連携体
助成対象事業 県産農産物等を活用して開発した新商品・新役務の販路開拓のために行う市場動向調査、展示・商談会の開催・出展等に要する経費への助成(市場動向調査単独では不可。)
助成対象経費 謝金、旅費、販路開拓費、庁費、委託費、その他の経費
助成期間 交付決定日から最長で令和2年12月末まで
助成限度額 500万円
助成率 4/5以内

※関西圏への販路開拓が主な目的であると認められる場合には、助成対象の選定にあたり一定の配慮を行います。

(4) 技術高度化支援事業

助成対象者 (1)中小企業者(農林漁業者を除く。)と農林漁業者との連携体
(2)自ら事業を行うNPO法人等の中小企業者以外の者と農林漁業者との連携体
助成対象事業 県産農産物等の生産・加工技術、生産・加工に必要な機械、装置、システム等の研究開発に要する経費への助成
助成対象経費 謝金、旅費、研究開発費、庁費、委託費、その他の経費
助成期間 交付決定日から最長で令和2年12月末まで
助成限度額 1,000万円
助成率 4/5以内

 

お問い合わせ

  応募手続等に係る詳細は、公益財団法人栃木県産業振興センター(外部サイトへリンク)産業振興部新産業育成グループ(電話番号028-670-2608)までお問い合せください。 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業政策課 次世代産業創造室

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館6階

電話番号:028-623-3203

ファックス番号:028-623-3167

Email:food@pref.tochigi.lg.jp

広告