ホーム > 産業・しごと > 商工業・企業立地 > 産業施策 > とちぎ医療機器産業振興協議会 > 医療機器関連参入促進セミナー  ~ショートプレゼン形式による"ざっくばらん"な意見交換~

ここから本文です。

更新日:2017年6月8日

医療機器関連参入促進セミナー  ~ショートプレゼン形式による"ざっくばらん"な意見交換~

 事業概要

県では、医療機器分野における先進企業の取組事例から、新規参入の方法や医工連携による開発・事業化方法等について学ぶセミナーを開催します。

(一社)日本医工ものづくりコモンズ 柏野氏による事例紹介のほか、先進企業2社からショートプレゼン形式で事例を紹介し、講師と参加者の距離を縮めたざっくばらんな意見交換を行います。

医工連携には、支援機関の存在も重要です。ものづくり企業だけでなく、市町や商工会議所、商工会、金融機関等の支援機関の皆様も是非御参加ください。

開催概要(PDF:528KB)

1 日時

平成29年7月27日(木曜日)13時30分から16時

2 会場

栃木県庁舎北別館会議室403(宇都宮市戸祭元町1-25)

3 主催・実施運営

栃木県、とちぎ医療機器産業振興協議会

4 内容

  • 「事例に見る医工連携のポイント」
    講師:(一社)日本医工ものづくりコモンズ 専務理事 柏野 聡彦 氏
    【概要】
     医療機器分野に参入する上で、先行事例から自社の取組方を学ぶことは、大切なことです。今回は、いくつかの医工連携による開発事例について「どのような点が優れているのか?」、「どのような点で困難を伴うのか?」、「どのような事業展開の可能性(ポテンシャル)があるのか?」等の観点から紹介します。
  • 「とちぎ医療機器産業振興協議会の今年度事業について」
    説明:栃木県 産業労働観光部 工業振興課 ものづくり企業支援室
    【概要】
     今年度、とちぎ医療機器産業振興協議会で実施する事業について、協議会の事務局を務める県工業振興課ものづくり企業支援室の職員が説明いたします。 
  • 先進企業による事例紹介(ショートプレゼン形式)
    講師:(株)タナック(岐阜市)、(株)システムフレンド(広島市)
    【概要】
     会場内に講師の製品を展示し、それを囲むように参加者が集まり、講師から自社製品の紹介と自身の経験に基づく医療機器分野への参入方法やポイントについて紹介の後、製品を見たり触ったりしながらざっくばらんに意見交換を行います。

5 参加費

無料

6 申込方法

以下のリンクから申込書をダウンロードし、必要事項を御記入の上、E-mail又はFAXにて申込みください。

申込書(ワード:216KB)

7 申込み・問合せ先

栃木県産業労働観光部工業振興課ものづくり企業支援室
担当:藤沼・髙山
(とちぎ医療機器産業振興協議会事務局)
TEL:028-623-3249 FAX:028-623-3945
E-mail:iryokiki@pref.tochigi.lg.jp

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

工業振興課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館6階

電話番号:028-623-3249

ファックス番号:028-623-3945

Email:iryokiki@pref.tochigi.lg.jp