ホーム > 産業・しごと > 商工業・企業立地 > 産業施策 > とちぎ医療機器産業振興協議会 > 医福工連携交流会 in 国際医療福祉大学(合同開催:とちぎヘルスケア関連事業第6回部会)

ここから本文です。

更新日:2018年12月20日

医福工連携交流会 in 国際医療福祉大学(合同開催:とちぎヘルスケア関連事業第6回部会)

 事業概要

県では、県内企業の医療・福祉分野での研究開発、販路開拓を支援するため、標記事業を開催します。

本会では、国際医療福祉大学様をはじめ県内の臨床機関、介護施設に御協力いただき、現場ニーズの発表、技術展示・交流会を行います。
今回も、より多くのプロジェクト創出を図るため、全国の製販企業、福祉機器販売事業者にも参加を呼びかけています。
医療・福祉従事者と連携した製品の開発・事業化を目指す企業や医療・福祉従事者、販売事業者へ自社技術をPRしたい企業など、幅広く参加を募集します。
医療・福祉機器関連分野で新規参入、事業拡大を図る機会とし、是非御参加ください。

なお、医工連携には企業間のマッチングや公的資金の情報提供など支援機関の存在も重要です。
ものづくり企業だけでなく、市町や商工会議所、商工会、金融機関等の支援機関の皆様も是非御参加ください。

開催案内(PDF:437KB)

参加申込フォーム(外部サイトへリンク)

1 日時

平成31年2月15日(金曜日)13時30分から17時30分

2 会場

国際医療福祉大学 大田原キャンパス O棟1階(大田原市北金丸2600-1)

国際医療福祉大学 大田原キャンパスへのアクセス(外部サイトへリンク)

3 主催等

主催:栃木県、とちぎ医療機器産業振興協議会、とちぎヘルスケア産業フォーラム、国際医療福祉大学

後援(予定):経済産業省関東経済産業局、大田原市産学官連携推進委員会

協力(予定):東京都、東京都医工連携HUB機構

4 内容

あいさつ

  • 栃木県
  • 国際医療福祉大学 

現場ニーズの発表

国際医療福祉大学や関連病院のほか、県内の臨床機関や介護施設の先生方から現場ニーズを御発表いただきます。
当日発表する現場ニーズの概要は、開催案内の2ページ目を御確認ください。
また、東京都医工連携HUB機構のWEBサイトでも現場ニーズの概要を御確認いただけます。

当日、参加者には「秘密保持に関する申し合わせ」に署名いただきます。

技術展示・名刺交換・交流会

  • 栃木県内企業6社程度による技術展示 (出展無料)
  • 医療・福祉従事者、企業等による交流会 

5 参加費

無料

6 申込方法

以下のいずれかの方法で2月8日(金曜日)までにお申込ください。

(1)WEB申込フォームによる申込

以下の参加申込フォームから必要事項を入力しお申込ください。

参加申込フォーム(外部サイトへリンク)

E-mail又はFAXで以下の6項目を連絡

以下の6項目をE-mail又はFAXで連絡しお申込ください。

(1)企業名
(2)部署・職名
(3)氏名
(4)電話番号
(5)E-mailアドレス
(6)技術展示への出展希望の有無(栃木県内に事業所を有する企業が対象)

7 申込み・問合せ先

栃木県産業労働観光部工業振興課ものづくり企業支援室
担当:藤沼・和氣
(とちぎ医療機器産業振興協議会事務局)
TEL:028-623-3249 FAX:028-623-3945
E-mail:iryokiki@pref.tochigi.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

工業振興課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館6階

電話番号:028-623-3249

ファックス番号:028-623-3945

Email:iryokiki@pref.tochigi.lg.jp

広告