ホーム > 産業・しごと > 商工業・企業立地 > 伝統工芸・県産品振興 > 「テーブルウェア・フェスティバル2018」における益子焼企画展示について

ここから本文です。

更新日:2018年1月26日

「テーブルウェア・フェスティバル2018」における益子焼企画展示について

 2月4日(日曜日)から東京ドームで開催される「テーブルウェア・フェスティバル2018」において、益子焼と笠間焼をテーマにした企画展示が行われます。現在活躍する益子焼陶芸家による作品をはじめ、濱田庄司とバーナード・リーチの作品展示、民藝運動の紹介などが行われますので、ぜひご来場ください。

イベント名 

 テーブルウェア・フェスティバル2018~暮らしを彩る器展~

 公式サイト(外部サイトへリンク)

主 催 

 テーブルウェア・フェスティバル実行委員会(読売新聞社、株式会社東京ドーム)

後 援

 栃木県ほか 

会 場 

 東京ドーム(東京都文京区後楽1-3−61)

期 間 

 平成30年2月4日(日曜日)から12日(月曜日)

時 間 

 10:00~19:00(2月4日のみ11:00から)

益子焼の企画展示

 特集企画「うつわに息づく用の美~笠間焼・益子焼~」において、益子焼食器のテーブルコーディネートによる展示のほか、濱田庄司及びバーナード・リーチの作品展示と民藝運動の紹介、伝統的技法の紹介を行います。

出品者

 伊藤剛俊、岩下宗晶、岩見晋介、榎田若葉(えのきだ窯)、大塚一弘(清窯)、大塚菜緒子・大塚雅淑(健一窯)、笠原良子、加守田太郎、佐久間藤也(佐久間藤太郎窯)、鈴木量、千田義昭、田上宗利(陶房日向)、中村かりん、西村俊彦、萩原芳典(萩原窯)、福島晴雄(福島窯)、マシュー・ソヴヤニ、宮田竜司、村澤享(村澤陶苑)(20名、五十音順)

入場料

 本イベントは入場料がかかります。詳しくは公式サイト(外部サイトへリンク)をご覧ください。

関連する益子焼販売企画

 2月14日(水曜日)から20日(火曜日)まで伊勢丹新宿店で開催される「MASHIKO POTTERS~過去ヲ見つめ未来ヲつくる~」(栃木県主催)では、「テーブルウェア・フェスティバル2018」で展示された商品(一部)を含む、多彩な益子焼を展示販売します。こちらもぜひご来場ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

工業振興課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館6階

電話番号:028-623-3198

ファックス番号:028-623-3945

Email:kougyou@pref.tochigi.lg.jp

広告