ホーム > 産業・しごと > 商工業・企業立地 > 技術・製品開発 > 令和2(2020)年度「マスク・医療関連製品等生産設備導入支援補助金」事業計画の二次募集について

ここから本文です。

更新日:2020年7月21日

令和2(2020)年度「マスク・医療関連製品等生産設備導入支援補助金」事業計画の二次募集について

 栃木県では、新型コロナウイルス感染症拡大防止を目的として県内医療機関や災害時に設置される避難所等で活用されるマスク・医療関連製品等の生産を行う企業を支援し、県内のマスク・医療関連製品の供給量の増加を図るため、「マスク・医療関連製品等生産設備導入支援補助金(二次募集)」事業を実施します。
 つきましては、令和2(2020)年度の事業計画について次のとおり二次募集を行いますので、奮って御応募ください。
 応募された事業計画は厳正な審査を行い、その結果、採択された事業計画が補助金の交付対象となります。

1 募集期間

  令和2(2020)年 7月7日(火曜日)~7月28日(火曜日)※17時必着
  ※ 新型コロナウイルス感染症拡大への対応のため、迅速な生産体制構築を行う事業計画については、
   事前着手届出書を提出することで、交付決定前に当該事業で発生した経費を補助金対象経費と
   認める場合があります。

2 募集する事業計画

 事業の概要については、「募集案内チラシ」(PDF:537KB)をご覧ください。

 (1) 補助対象事業
  (ア) マスク等生産設備導入支援事業
    経済産業省の「マスク・アルコール消毒液等生産設備導入補助事業」及び「感染症対策関連物資生産設備補助事業」
   (以下、「国事業」という)に採択された企業が行う設備導入等
           ただし、生産した製品の全量を国が買い上げる事業計画は対象としません。

  (イ) 医療関連製品等生産設備導入支援事業
    上記(ア)の補助事業の対象とならない医療関連製品等(注)の生産を計画する企業が行う設備導入等
    ※ 注 「医療関連製品等」とは、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い県内医療機関等で不足するマスクや防護服、
       ゴーグル、フェイスガード、手袋、消毒液などの工業製品

 (2) 補助対象者
  県内に事業所を有する企業で以下に該当する者
  (ア) マスク等生産設備導入支援事業
    国事業を実施する企業

  (イ) 医療関連製品等生産設備導入支援事業
    上記(ア)の補助事業の対象とならない医療関連製品等の生産設備導入を計画している企業

 (3) 補助対象経費
  (ア) 機械装置又は工具器具の購入、試作、改良、据付け又は修繕に要する経費
  (イ) 工事費
  (ウ) 技術指導の受け入れに要する経費
  (エ) 実証実験の委託に要する経費
  (オ) その他、知事が特に必要と認める経費

 (4) 補助率と補助金額
  (ア) マスク等生産設備導入支援事業

対象経費

補助率

補助金額

上記(3)の(ア)、(イ)の経費

①中小企業者:1/4以内
②上記①以外:1/3以内

※国事業と重複しない範
 囲で補助します

①10,000千円以内

②15,000千円以内

上記(3)の(ウ)~(オ)の経費

10/10以内

1,000千円以内

 

 

 


 
 

     (イ) 医療関連製品等生産設備導入支援事業

対象経費

補助率

補助金額

上記(3)の対象経費

①中小企業者:3/4以内
②上記①以外:2/3以内

30,000千円以内

3 事業日程(予定)

 令和2(2020)年7月28日(火曜日):締切
              8月中旬:審査
              8月下旬:採択、交付決定・事業開始
  ※ 事前着手届出済みの場合は、その時点から事業開始とします。
      令和3(2021)年2月中旬:事業終了
               2月下旬:実績報告書提出
                                           3月:完了検査、補助金支払
  ※ 短期間で事業が終了した場合は、その都度完了検査等を実施します。
  ※ 補助金の支払は、事業終了後になります。

4 留意事項

 ・1企業1申請までとさせていただきます。ただし、一次募集で採択となった企業が異なる製品を生産する事業計画の申請は認
      めます。
 ・補助対象経費に係る消費税及び地方消費税は、補助対象経費となりません。
 ・同一事業の補助対象経費を他の補助金と重複して補助対象とすることはできません。
 ・補助対象となる物件については、使用目的等の制限があります。
 ・提出いただいた事業計画書の評価に当たっては、新型コロナウイルス感染拡大に対応するため、事業後に想定される生産量
  生産開始の時期医療機関等における使用実績活用が見込まれる現場からの見解等を重視します。
 ・今回の当該補助金では、事前着手の届出を行うことで、令和2年(2020)年4月1日以降発生した経費等についても補助対象経費
  として認める場合があります。
 ・採択時には、企業名、代表者名、所在地、事業計画名は公表となります。
 ・補助金の採択に当たっては、予算の都合等により減額となる場合があります。
 ・補助事業終了後、5年間、成果活用の状況等について報告していただきます。 

5 応募方法等

 応募に際しては、「令和2(2020)年度マスク・医療関連製品等生産設備導入支援補助金事業計画募集案内」(PDF:301KB)を熟読の上、提出書類を作成し、工業振興課まで持参又は郵送(7月28日(火曜日)17時必着)してください。
 提出書類はコピーをとり、控えを1部保管してください。

様式

 (1) 事業計画書(実施要領様式第1)(ワード:31KB)
 (2) 補助事業計画書(交付要領様式第2)(ワード:45KB)
 (3) 補助事業内容説明書(交付要領様式第3)(ワード:77KB)
 (4) 技術指導受入計画書(交付要領様式第4)(ワード:39KB)
 (5) 事前着手届出書(交付要領様式第5)(ワード:30KB)
  ※ やむを得ない事情により、交付決定より前に補助事業に着手しようとする場合には提出してください。
 (6) 直近の2年間の決算報告書の写し
 (7) 見積書等
  ※ 取得価格が50万円以上の機械等のみ提出してください。
 (8) 国事業の実施内容を示す書類(申請書及び提案書等)の写し(2(1)(ア)マスク等生産設備導入支援事業に申請する場合)
 (9) 国事業に採択されたことを示す書類(交付決定通知書)の写し(2(1)(ア)マスク等生産設備導入支援事業に申請する場合)

6 書類提出先

 事業計画書の作成方法やその他、御不明な点は、工業振興課までお問い合わせください。

 栃木県産業労働観光部工業振興課ものづくり企業支援室
  〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 栃木県庁本館6階
  TEL:028-623-3249   FAX:028-623-3945

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

工業振興課 ものづくり企業支援室

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館6階

電話番号:028-623-3249

ファックス番号:028-623-3945

Email:kougyou-gobunyakyotsu@pref.tochigi.lg.jp

広告