ホーム > 産業・しごと > 商工業・企業立地 > 産業施策 > 中小企業向け制度融資の御案内<栃木県制度融資> > 過去の新着情報 > 平成22年度 > 東北地方太平洋沖地震により被災した県内中小企業者への金融支援について

ここから本文です。

更新日:2011年3月15日

東北地方太平洋沖地震により被災した県内中小企業者への金融支援について

県では、東北地方太平洋沖地震により被災した県内中小企業者への金融支援のため、緊急対策資金を創設しました。

「東北地方太平洋沖地震緊急対策資金」の創設(平成23年3月17日運用開始)

 

融資対象者

県内に1年以上事業所を有し、かつ当該融資に係る事業と同一の事業実績を1年以上有する被災中小企業者

被災中小企業者とは、市町村長等が発行する罹災証明を受けた方です。

(なお、罹災証明書は速やかに発行されることになっております。)

 

本資金は国の災害関係保証に対応した資金です。

資金使途

罹災の対応のために必要な設備資金(ただし土地取得費は除く。)及び運転資金
融資限度額 8,000万円(設備資金・運転資金)
融資期間 10年以内(うち据置期間1年以内)
融資利率

年 1.4%以内(責任共有制度対象外)

 

責任共有制度について

信用保証

栃木県信用保証協会の保証を付するものとする。

保証料率 年 0.7%
取扱金融機関

銀行、信用金庫、信用組合及び商工中金の県内営業店

運用開始日 平成23年3月17日(木曜日)

     
 *なお、地震により間接的な影響を受けた中小企業者の方については、経営安定資金(基盤強化融資)の融資対象となっています。

お問い合わせ

経営支援課 金融担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館6階

電話番号:028-623-3180

ファックス番号:028-623-3340

Email:keiei@pref.tochigi.lg.jp