ここから本文です。

更新日:2010年11月30日

栃木県との交流

栃木県との交流

  日本と中国は地理的に近いうえ、歴史的・文化的結びつきが強く、1984年に実施した県政世論調査でも、中国との交流を望む県民の声が多かった。こうした点を踏まえて、本県と同じく、大都市に近接して経済が進んでおり、かつ農業が盛んである浙江省を友好交流先に選定した。

 1986年に交流の窓口を両県省に開設した後、県民の代表団や「青年の船」の派遣、浙江省文化芸術団や技術研修員の受入れ、教育、農林業、商工業など調査団の相互派遣を通じて、交流の輪を徐々に広げてきた。

 このような交流をつみ重ねた結果、1989年6月に「友好交流に関する協定書」が締結され、その後、日中国交正常化20周年を記念して 、1993年10月13日、当時の渡辺知事と萬学遠省長が「友好提携協定書」に調印し、正式な友好県省提携が実現した。

 1997年11月には、長年にわたる両県省の友好交流のシンボルとして、またこれからの交流の拠点として、栃木浙江友好会館が杭州市の西湖畔に建設された。 

 この会館は、県花「やしおつつじ」に因んで「杜鵑(とけん)楼」と名付けられ、本県の市民訪中団など、浙江省を訪れる人々に利用されている。 

 

 

学校交流風景(岩舟町と天台県の小学生たち) 



栃木浙江友好会館「杜鵑楼」

 
栃木県と浙江省の友好交流の歴史

1986年 両県省に窓口設置(覚書交換)

            県民の翼訪中団(第4次)を浙江省に派遣

            県民の日に「浙江省文化芸術団」公演

1987年 青年の船」の浙江省派遣開始

            浙江省から技術研修員受入れ開始

1988年 食と緑の博覧会で「浙江省文化芸術総団」公演

1989年 許行貫副省長来県、「友好交流に関する協定書」締結

1990年 渡辺知事浙江省訪問

            西湖もくせいマラソン大会への県選手団派遣開始

1991年  「浙江省越劇団小百合」が県内公演

1992年 栃の葉記念マラソン大会への浙江省選手団招聘開始

           県立博物館10周年記念「浙江省文物展」開催

           乞洪升省長来県

1993年 萬学遠省長来県、「友好提携協定書」締結

1994年 栃木県交響楽団が浙江省で公演

            栃木県友好交流員の浙江省派遣開始

            渡辺知事、吉成県議会議長浙江省訪問

1995年 国民文化祭に「杭州雑技芸術総団」参加

1997年 栃木浙江友好会館「杜鵑楼」竣工

           渡辺知事、新井県議会議長、県民訪中団等浙江省訪問

           高校生の相互交流事業開始

1998年 友好会館敷地に「友誼碑」及び「東坡亭」落成

2000年 柴松岳省長来県

            「浙江省青少年民族音楽団」が第17回全国都市緑化とちぎフェアで公演

2001年 福田昭夫知事浙江省訪問

2002年 日中国交正常化30周年記念「日中青年フォーラム」に定期協議団参加

2003年 栃木県と浙江省友好提携10周年記念式典の相互開催

            福田昭夫知事浙江省訪問

2004年 浙江省人民代表大会友好代表団(団長:張鳳鳴常務委員会委員)来県

            浙江省人民政府代表団(団長:章猛進常務副省長)来県

            中国華東地域栃木県企業人会発足

            中国投資環境調査ミッション派遣

2005年 福田富一知事、木村好文県議会議長浙江省訪問

           中国ミッション(観光PR)派遣

           YOKOSO! JAPAN2005 杭州ジャパンフェスタ出展 (知事・議長トップセールス)

2006年 浙江省人民対外友好協会設立50周年記念式典に須藤副知事出席

            浙江省友好代表団(団長:夏宝龍中国共産党浙江省委員会副書記)来県 

2007年  次世代人材づくり事業による派遣開始

           浙江省代表団(団長:李強中国共産党浙江省委員会常務委員)来県

2008年  浙江省青年連合会代表団来県

             中国旅行エージェント招請

2009年  栃木県・浙江省書法友好交流展開催

2010年 麻生利正副知事浙江省訪問

お問い合わせ

国際課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-2195

ファックス番号:028-623-2199

Email:kokusai@pref.tochigi.lg.jp

広告