ここから本文です。

更新日:2010年11月30日

天台山

天台山

   天台県の北にあり、天台宗発祥の地である。華頂峰、仏朧峰、唐渓峰の3つの峰からなり、それが不思議にも三台星(オリオン座の3つ星)に応じているところから、天台と名づけられたという。

 天台山では、1,000年以上の歴史において、豊かな自然とともに仏、道、儒の文化が育まれてきた。既に1,900年前から道教の活動が見られ、東晋(317年から420年)の頃仏教と結びついたという。滝、峰、奇岩、洞窟等の見所も多く、宗教家のほかに李白、蘇軾、孟浩然のような詩人も度々訪れ、多数の詩作を残した。

 

  

                                                                                                     荘厳な趣の天台山

 

 天台山に598年に天台宗の開祖である智顕(智者大師)が創建した国清寺がある。深い山林に囲まれた静かな寺で、最澄(伝教大師)をはじめ、円載、円珍、成尋、栄西、道元等が学んだ所であり、日本の天台宗に本山とされている。

 最澄は、804年に還学生として唐に渡り国清寺で学び、帰国後比叡山延暦寺を中心に天台宗の教えを伝えた。やがて、その弟子である岩舟出身の円仁(慈覚大師)も最後の遣唐使として入唐し、天台山を目指しながら叶えず、五台山で学んだ後、更に天台宗を大成させたという。

 円仁の縁から、1991年より岩舟町と天台県との間で交流を始め、2007年5月に両町県の間で友好交流提携が締結された。小中学校の書道・絵画等の作品交流や生徒の相互訪問をはじめ、様々な交流が行われている。

 

 

                                                                                                               国清寺

 

 

 

 

お問い合わせ

国際課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-2195

ファックス番号:028-623-2199

Email:kokusai@pref.tochigi.lg.jp

広告