ホーム > 産業・しごと > 雇用・労働 > 職業能力開発 > とちぎものづくりフェア2015の結果について

ここから本文です。

更新日:2015年11月12日

とちぎものづくりフェア2015の結果について

  学生や訓練生を対象とした「技能競技大会」や企業、関係機関・団体等による「実演」「体験教室」「紹介」などを実施することにより、県内の若年技能者の育成と技能者を目指す学生やこどもを含め広く県民にものづくりの「大切さ」をアピールし技能尊重気運の醸成を図るとともに、平成29年度技能五輪全国大会・全国アビリンピックの本県開催に向けて、県民一丸となって両大会の開催に向け気運の醸成、体制の構築・強化を目的として「とちぎものづくりフェア2015」を下記のとおり開催しました。

1 日時 平成27年11月7日(土) 9時開会

2 場所 県立県央産業技術専門校 (宇都宮市平出工業団地48-4)

3 来場者数 約800人

4 内容

  (1)とちぎものづくり技能競技大会

   ・競技種目 「電気工事」「建築大工」「建築製図」「機械加工」「溶接」

   ※「溶接」種目については、一般社団法人栃木県溶接協会による「第6回栃木県高校生溶接コンクール」を兼ねており、上位2名は「関東甲信越高校生溶接コンクール」に出場となります。

   ・参加校 高等学校(50名)、関東職業能力開発大学校(3名)、共同高等産業技術学校(15名)、県立産業技術専門校(21名)

   ・参加人数 89名

   ・結果 別紙参照(PDF:96KB)

   ・表彰 表彰式は平成27年度栃木県職業能力開発促進大会にて行います。

     ○日時 平成27年11月12日(木) 13:30~16:00

     ○場所 栃木県総合文化センター サブホール

 (2)とちぎものづくり技能競技大会競技課題解説

   ・競技終了後、「電気工事」「機械加工」「溶接」の3種目において、ものづくりマイスター等が参加選手及び参加機関の教師・指導員等約70人に対して競技課題の要点など模範実演及び解説を行いました。

 (3)優秀技能者(技能五輪全国大会選手)の実演

   ・「抜き型」「メカトロニクス」「タイル張り」「配管」「電子機器組み立て」「情報ネットワーク施工」の6職種において、実践さながらの実演を多数の来場者に披露しました。

 (4)こどもモノづくり体験教室

   ・技能士会連合会に所属する技能士等の補助により、「本立て」の製作、「瓦」への描画、「コンパクトミラー」のデコレーション、「アートタイル」の製作、「銅笛」の製作の体験を無料で行い、約230人の来場者で賑わいました。

 (5)「ものづくりマイスター」に挑戦、「とちぎマイスター」のデモンストレーション

   ・「ものづくりマイスター」とともに行う和菓子づくりや「とちぎマイスター」が披露するアレンジフラワー製作に多くの来場者が訪れ、約120人が名人の「技」を体験、見学しました。

  

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

労働政策課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館6階

電話番号:028-623-3237

ファックス番号:028-623-3225

Email:rousei@pref.tochigi.lg.jp

広告