ホーム > 産業・しごと > 雇用・労働 > 労働環境 > 女性の活躍及びキャリア育成に関する研修参加助成金のお知らせ

ここから本文です。

更新日:2017年7月14日

女性の活躍及びキャリア育成に関する研修参加助成金のお知らせ

 

新着情報
  • 平成29年4月7日 平成29年度の受付を開始しました。
  • 平成29年度から、研修助成対象に中小企業者が自ら企画し、研修を実施する場合が追加されました。

1 概要

 女性自身のキャリアアップ及び管理職における女性のキャリア育成についての技術の習得を図り、女性の活躍の推進を図るため、中小企業者(※1)が、従業員を各種研修会に参加させる際の費用の一部の助成を行うものです。

※1 中小企業者とは・・・県内に本社または主たる事業所を有し、常時雇用する労働者(※2)の数が300人以下の事業者をいいます。

※2 常時雇用する労働者とは・・・雇用契約の形態を問わず、次に掲げる要件を満たすものをいいます。

(1) 期間の定めなく雇用されている労働者

(2) 一定の期間を定めて雇用されている者であって、「過去1年以上の期間について引き続き雇用されている者」又は「雇入れの時から1年以上引き続き雇用されると見込まれる者」 

 

2 支給対象 

 次に掲げる要件を満たし、かつ、女性の活躍及びキャリア育成に関する研修参加助成金事務処理要領 第2条に定める期間内に従業員を研修に派遣する中小企業者とします。

  1. 県の支援(事業主行動計画策定サポート事業)を受けずに「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(平成27年法律第64号)(以下「女性活躍推進法」という。)に係る一般事業主行動計画(※3)を策定した企業又は当該年度中に策定する企業であること。
  2. 前年度以前に当該助成金を受けたことがない企業であること。
  3. 研修に要する経費を従業員に負担させていないこと。
  4. 研修を勤務時間内に行い、従業員に通常の賃金を払っていること。やむを得ず勤務時間外に研修に参加する場合には、割増賃金を払っていること。
  5. 県税を滞納していないこと。
  6. 栃木県暴力団排除条例(平成22年栃木県条例第30号)に規定する暴力団、暴力団員又は暴力団員等に該当しないこと。
  7. 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条第1項に規定する風俗営業又は同条第5項に規定する性風俗関連特殊営業を行っていないこと。

※3 女性が、職業生活において、その希望に応じて十分に能力を発揮し、活躍できる環境を整備するにあたって、(a)計画期間、(b)数値目標、(c)取組内容及び(d)取組の実施時期を定めるものです。詳細については、こちらを御確認ください。

3 支給条件

支給対象経費 研修費及び研修で使用する教材費
支給率 1/2
支給上限 18万円/企業
  • 教育機関へ従業員を派遣する場合

  従業員一人あたり6万円を上限として助成を行う。


  •  中小企業者が自ら企画し研修を実施する場合

  1企画あたり6万円を上限として助成を行う。

  • 交通費、食料費及び宿泊費等は支給対象としません。
  • 助成金は、予算の範囲内で交付するものとします。

4 対象となる研修

 次の表に定める研修内容及び研修効果を有するものが対象です。

研修内容 研修効果

管理職を目指す女性のための研修


女性の職域を拡大するための研修


女性が活躍できる職場環境の整備を図る管理職のための研修

  • 指導的地位への女性の登用
  • 女性がいなかった(少なかった)職種や業務への積極的な女性の配置
  • 管理職における女性活躍に対する理解の促進及び指導力の向上
  • 教育機関へ従業員を派遣する場合、対象従業員が総研修時間の8割以上を出席する必要があります。
  • 中小企業者が自ら研修を企画する場合、総研修時間の8割以上を出席した総受講者数が3名以上の研修である必要があります。 

5 申請書等の受付期間

 申請書の受付は、次の表の期間内(土日祝日及び閉庁日を除く。)に行います。

 なお、申請書は研修開始10日前(土日祝日及び閉庁日を除く。)までに提出してください。

申請書受付期限 実績報告書受付期限 請求書受付期限
平成29年12月末日(※4) 平成30年4月10日 平成30年4月末日

※4 予算枠に達した時点で終了となります。

6 申請書等の受付方法

 申請書、実績報告書及び請求書の受付方法は、栃木県産業労働観光部労働政策課労働経済・福祉担当(栃木県庁本館6階北側)に直接持参するか、郵送により提出してください。

 持参する場合の受付時間は、土日祝日及び閉庁日を除く、午前9時から正午まで及び午後1時から午後5時までです。

 郵送の場合は書留とし、「助成金関係書類在中」と表記してください。

7 交付要領等

 申請にあたっては、下記の要領等を御確認いただきますようお願いいたします。

 

平成29年度「女性の活躍及びキャリア育成に関する研修参加助成金」リーフレット(PDF:251KB)

※ 申請から助成金交付までの流れについては、こちら(ワード:56KB)を御確認ください。

 

8 Q&A

 平成29年4月7日、Q&Aを更新しました。

9 問い合わせ先

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20

栃木県産業労働観光部労働政策課労働経済・福祉担当

電話:028-623-3218 FAX:028-623-3225

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

労働政策課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館6階

電話番号:028-623-3217

ファックス番号:028-623-3225

Email:rousei@pref.tochigi.lg.jp

広告