ホーム > 産業・しごと > 農業 > 農地・農村 > とちぎコープと栃木県中山間地域活性化推進協議会が包括連携協定を締結しました

ここから本文です。

更新日:2018年3月6日

とちぎコープと栃木県中山間地域活性化推進協議会が包括連携協定を締結しました

  県では、中山間地域における交流人口増加や地域活性化に向け、地域貢献への関心が高い企業と地域組織の連携による、新たな地域づくりや協働活動等を進める「企業連携促進事業」に取り組んでいます。

 この度、3月1日、とちぎコープ生活協同組合(以下、とちぎコープ。)と栃木県中山間地域活性化推進協議会(中山間地域を有する12市町で構成。以下、協議会。)が、中山間地域住民のサービス向上、地域の活性化を図ることを目的とした包括連携協定を締結しました。

 協議会の会長を務める那珂川町の福島町長が「高齢化・後継者不足により地域自体の存続危機にあるが、協議会では活力ある地域の創出を目指していくので、中山間地域の魅力発信等に協力を賜りたい」とあいさつを述べ、とちぎコープの古口理事長からは「組合員が暮らす地域が豊かになるためには、地域の活性化が必要。今後、様々な分野で協力していきたい」と話がありました。

  今回の協定においては、中山間地域の振興や健康の増進に関することなど5つの分野にわたり、とちぎコープの刊行物やHP等を用いた情報の発信や店舗内外における地域産物のPRイベントの開催等を連携事項に掲げています。中山間地域における都市農村交流の取組拡大や活性化に向け、期待が高まっています。                                                                       

 署名する会長と理事長   記念撮影(左から、和氣塩谷町産業振興課長、福島協議会会長(那珂川町長)、古口コープ理事長、塚原コープ常務理事

    署名する福島協議会会長(那珂川町長)(写真左)と             握手する福島会長(中央左)と古口理事長(中央右)
    古口コープ理事長(写真右)

 

(参考)栃木県中山間地域活性化推進協議会構成市町

  鹿沼市、日光市、茂木町、栃木市、矢板市、那須烏山市、塩谷町、那珂川町、大田原市、那須塩原市、那須町、佐野市

お問い合わせ

農村振興課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館11階

電話番号:028-623-2363

ファックス番号:028-623-2337

Email:noson-sinko@pref.tochigi.lg.jp

広告