重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 産業・しごと > 農業 > 経営・技術 > GAP(農業生産工程管理)の推進について

更新日:2020年6月19日

ここから本文です。

GAP(農業生産工程管理)の推進について

栃木県では、消費者や実需者の信頼を確保するため、県内産地におけるGAPの取組を支援しています。

県内でGAPに取り組む農場の紹介

 県内でのGAPの取組推進やGAP農産物の流通・消費を目的として、県内のとちぎGAPの第三者確認やGAP認証(GLOBALG.A.P.、JGAP、ASIAGAP)に取り組む農業者や組織を紹介します。

 農場の紹介ページ

 

栃木県GAP規範に基づく農場点検実施マニュアル

産地での安全性の確保や安全・安心なブランド構築を図るためには、産地全体でGAPに取り組むことが重要であるため、県では、産地(組織)を単位としてGAPを推進しています。
産地単位でのGAPの取組を、本県では「農場点検」と規定しており、農場点検を実施する際の流れや、その実施方法のポイントをマニュアルとして取りまとめました。

栃木県GAP規範に基づく農場点検実施マニュアル

 前編(PDF:8,545KB) 後編(PDF:6,440KB)

御存じですか?農業でのGAP

  一般消費者の皆様に、「GAP」の取組について知っていただくため、チラシを作成しました。
 ぜひ御覧ください。
 また、GAPに取り組む農業者の皆様も、本チラシを作業場などに掲示したり、消費者の方に配布したりするなどで御活用ください。

 御存じですか?農業でのGAP(PDF:293KB)

栃木県GAP推進方針【3期】の策定について 

 県では、輸出促進や、今後のフードチェーンの中で求められてくるGAPの実践に対応していくため、また、残留農薬基準値の超過等の農業生産上の危害に対するリスク低減のため、GAPを推進しています。

 このため、令和3(2021)年度からの「栃木県GAP推進方針【3期】」を策定し、今後5年間の目標や具体的な推進方針を示しました。

 栃木県GAP推進方針【3期】(PDF:363KB)

 

とちぎGAPの第三者確認 

 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の農産物の食材調達基準では、国際水準のGAP認証(GLOBALG.A.P.、ASIAGAP)や県等の公的機関による第三者確認が要件となりました。

 栃木県では、農産物の食材調達基準を満たす「とちぎGAPの第三者確認」として、野菜、果樹、米、麦等の農産物と、きのこを対象品目として確認を実施しています。

とちぎGAPの第三者確認概要20200715

 とちぎGAPの第三者確認実施要綱(PDF:81KB) (令和2(2020)年7月15日一部改正)

 ◇農場点検シート(農産物・別紙1) (PDF:493KB)

 ◇農場点検シート(きのこ・別紙2) (PDF:419KB)

     ◇団体点検シート (別紙3)(PDF:108KB)

 ◇確認申請書(様式第1号)(ワード:28KB)

 ◇確認証(様式第2号)(ワード:30KB)

 ◇点検結果(様式第3号)(ワード:26KB)

 ◇変更届(様式第4号)(ワード:26KB)

 ◇取消届出(様式第5号)(ワード:27KB)

 ◇取消通知(様式第6号)(ワード:25KB)

 とちぎGAPの第三者確認点検会議設置要領 (PDF:80KB)

  

とちぎGAPの第三者確認の申請手順

 とちぎGAPの第三者確認制度の流れ 

   

とちぎGAPの第三者確認の問合せ先

とちぎGAPの第三者確認問合せ先 

とちぎGAPの第三者確認の登録情報(令和3(2021)年3月24日  現在)新着(New)

 ◇登録リスト(PDF:118KB)

 

GAPとは

農業生産工程管理(Good Agricultural Practice)は、農業生産活動を行う上で必要な関係法令等の内容に則して定められる点検項目に沿って、農業生産活動の各工程の正確な実施、記録、点検及び評価を行うことによる持続的な改善活動のことです。(農林水産省:農業生産工程管理(GAP)の共通基盤に関するガイドラインより。以下「国ガイドライン」という。)

栃木県のGAPへの取組み

(1)平成18(2006)年3月:栃木県GAP導入指針を策定

 指針のねらい「栃木県農産物の安全品質を高める。」(食品安全)

 「農産物の生産に伴う環境負荷を軽減する。」(環境保全)

 「農業従事者の健康被害を防止する。」(労働安全)

(2)平成23(2011)年3月:栃木県GAP規範作成【全国初】

 国ガイドラインを踏まえた取組項目、根拠法令等に基づく規範を作成

(3)平成24(2012)年3月:栃木県GAP実践ガイド作成

 栃木県GAP規範に基づくGAP実践のための具体的なマニュアル

(4)平成28(2016)年3月:栃木県GAP推進方針【2期】を策定

 方針の目的:栃木県内におけるGAPの普及拡大と精度向上を図り、GLOBALG.A.P.等の認証取得を促進

 「栃木県GAP推進方針【2期】(PDF:476KB)

 

栃木県GAP規範(改訂版)

国ガイドラインの改定や法令の改正等を踏まえ、「栃木県GAP規範(改訂版)」を平成27(2015)年3月に作成しました。

 栃木県GAP規範【目的・目次】(PDF:1,801KB)

 栃木県GAP規範【食品安全】(PDF:9,273KB) 

 栃木県GAP規範【環境保全】(PDF:7,503KB)

 栃木県GAP規範【労働安全】(PDF:5,113KB)

 栃木県GAP規範【全般に係る取組等】(PDF:5,037KB)

 

栃木県GAP規範(追補版)

国ガイドラインに完全準拠するため、「栃木県GAP規範(追補版)」を平成29(2017)年3月に作成しました。

 栃木県GAP規範(追補版)(PDF:1,181KB)

 

栃木県きのこ生産工程管理基準

国ガイドラインに完全準拠するため、「栃木県きのこ生産工程管理基準」を平成30(2018)年9月に改訂しました。

 栃木県きのこ生産工程管理基準(改訂版)(PDF:1,209KB)

 

栃木県GAP実践ガイド

「栃木県GAP規範」の農家向け実践ガイドです。

 栃木県GAP実践ガイド (PDF:6,350KB)

 

 

国際水準GAP実践ガイド新着(New)

良い農業を実践するためのポイントをまとめたガイドです。

 国際水準GAP実践ガイド (PDF:7,733KB)

 

 GAP啓発パンフレット 

より良い農業の実践のためのGAP啓発パンフレットです。

 より良い農業のために(見開き版)(PDF:1,275KB)

 より良い農業のために(ページごと)(PDF:7,369KB) 

お問い合わせ

経営技術課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館12階

電話番号:028-623-2313

ファックス番号:028-623-2315

Email:agriinfo@pref.tochigi.lg.jp

林業木材産業課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館11階

電話番号:028-623-3275

ファックス番号:028-623-3278

Email:ringyo-sinko@pref.tochigi.lg.jp