ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 生産振興課 > 栃木県土地利用型園芸指導力強化事業について

ここから本文です。

更新日:2018年7月23日

栃木県土地利用型園芸指導力強化事業について

概要

 栃木県では、米政策の見直しにより主食用米からの転換が求められる中、ほ場整備が進み水利に富んでいる本県水田の特長を活かし、機械化一貫体系を導入するなどして、大規模な露地野菜の生産を目指しております。

 こうした水田を活かした土地利用型園芸(露地野菜)の産地づくりを推進するため、先進産地の指導者や食品企業関係者(原料調達部門や中間事業者等)など、土地利用型園芸の産地づくりのノウハウがある者を「契約取引専門家」として登録し、産地での直接指導や各農業振興事務所におけるセミナー講師等により、農業者や農業団体等に対して実務的な助言を行います。

対象者

  土地利用型園芸の産地づくりに取り組んでいる又は取り組もうとしている県内の農業者や農業団体等

主な助言内容

・外食、中食産業の動向、業者が国産野菜に求める条件

・加工・業務用野菜の需要動向

・契約取引に係る産地の取組事例、需要に対応した産地づくりの取組事例等の紹介

・企業が農業参入する際のポイント

・新たに土地利用型園芸産地づくりに取り組むにあたってのリスク管理 等

専門家リスト(例)

 別紙「専門家リスト(例)」(PDF:97KB)のとおり

料金

 ご利用にあたり料金はかかりません。

問い合わせ先

 お近くの各農業振興事務所又は生産振興課までお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生産振興課 水田農業改革班

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館12階

電話番号:028-623-2279

ファックス番号:028-623-2335

Email:seisan-sinko@pref.tochigi.lg.jp

広告