ホーム > 産業・しごと > 農業 > 生産・流通 > 栃木県の飼料用米の取組について

ここから本文です。

更新日:2015年7月31日

栃木県の飼料用米の取組について

 

    主食用米の需要減少や全国的な過剰作付の状況など、米を巡る情勢は大きく変化する中において、農地の約8割を水田が占める本県水田農業の推進においては、今後も需要があり、制度の活用により主食用米並みの所得が見込まれる飼料用米を推進しています。

飼料用米の作付面積の推移

 栃木県の飼料用米の作付面積をは平成24年度以降、全国第1位となっています。
(平成27年度は中間公表値段階で全国第1位)

 飼料用米面積

 

 飼料用米関連資料・パンフレット等

平成26・27年産
飼料用米等生産拡大パンフレット

 

飼料用米における多収性専用品種導入にあたっての留意点(PDF:223KB)

栃木県飼料用米給与マニュアル(平成26年)〔掲載ページに移動〕

飼料用米生産拡大に向けた支援事業(県単事業)(PDF:604KB)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生産振興課 農産振興班

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館12階

電話番号:028-623-2279

ファックス番号:028-623-2335

Email:seisan-sinko@pref.tochigi.lg.jp

広告