ホーム > 県政情報 > 県政の広報 > 報道発表 > 栃木県が開発したもち性大麦「もち絹香」の生産に取り組みましょう

ここから本文です。

更新日:2020年4月3日

栃木県が開発したもち性大麦「もち絹香」の生産に取り組みましょう

 近年、機能性成分β-グルカン(水溶性食物繊維)を含むもち麦が、健康食材として注目を集めています。

また、国産志向が高まる中、国産もち麦の需要拡大が見込まれることから、栃木県では、県オリジナル新品種「もち絹香」の生産拡大に向けた取組を推進しています。

「もち絹香」は食べておいしく見た目も良いだけでなく、品質ランク区分でAランクを取りやすいといった経営面でのメリットもあります。2020年産から一般栽培が開始されています。興味がある方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

もち絹香の特性・栽培のポイントをまとめたリーフレットはこちらから↓

(PDF:765KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生産振興課 農産担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館12階

電話番号:028-623-2328

ファックス番号:028-623-2335

Email:seisan-sinko@pref.tochigi.lg.jp

広告