ホーム > 産業・しごと > 農業 > 生産・流通 > 生産振興課の事業概要(H29)

ここから本文です。

更新日:2014年4月1日

生産振興課の事業概要(H29)

事業執行方針

  「とちぎ農業 “進化” 躍動プラン」に基づき、トップレベルの施設園芸経営者の育成、スカイベリーの生産拡大、新たな主力品目の育成など園芸生産の一層の振興を図る。また、収益性の高い水田農業の確立に向けて、米から需要のある加工・業務用野菜等への作付転換を促進するなど、県産農産物の生産振興・競争力強化を図る施策を積極的に展開する。

1 施設園芸イノベーションの推進と園芸生産の拡大

 園芸生産のより一層の拡大を図るため、高度な専門家の派遣によるトップレベルの経営者の育成や、スカイベリー等の品質向上や生産拡大、いちご・トマトの周年供給力の強化を図る。また、「にら」「アスパラガス」「なし」等を園芸の主力品目として育成するとともに、高品質な輸出向けなし「にっこり」の生産拡大や、地域の特色ある園芸作物の新たな産地づくりなどを推進する。

2 水田フル活用に向けた構造改革の促進と競争力の強化

 国の米政策の見直し等に対応するため、米から需要の見込める加工・業務用野菜等への作付転換の促進や、麦・大豆・飼料用米の生産拡大、新技術導入による生産性向上等により、水田農業の構造改革を促進する。また、県オリジナル品種「なすひかり」「とちぎの星」や安全・安心等の栽培方法にこだわった米づくりの生産の拡大を推進するとともに、需要拡大の見込める大麦の有望品種の選定や、原種及び種子を安定的に生産供給するための種子生産供給のあり方の検討を進める。

3 地域性豊かな内水面漁業の展開

  漁場の活性化を促進するため、外部基金を創設するとともに、栃木県漁業協同組合連合会への融資を安定的に行う水産振興資金の拡充を行う。また、県内漁場で増えている外来魚やカワウの駆除を行い、水産資源の維持・増大を図る。

お問い合わせ

生産振興課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館12階

電話番号:028-623-2328

ファックス番号:028-623-2335

Email:seisan-sinko@pref.tochigi.lg.jp

広告