ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 畜産振興課 > 令和2(2020)年度家畜体内受精卵移植に関する講習会の開催について

ここから本文です。

更新日:2020年5月25日

令和2(2020)年度家畜体内受精卵移植に関する講習会の開催について

目的

  本県の家畜人工授精師に対し、家畜体内受精卵移植技術の普及・定着を図り、本県の家畜改良を推進するため、家畜体内受精卵移植に関する講習会を開催します。

対象家畜の種類

開催期間

令和2(2020)年7月13日(月曜日)~令和2(2020)年8月7日(金曜日)の18日間

開催場所

栃木県畜産酪農研究センター(電話:0287-36-0230)

〒329-2747  栃木県那須塩原市千本松298

受講資格

1  牛の家畜人工授精師免許を有している者

2  牛の家畜人工授精師業務に現に従事し、当該業務について相当の経験を有する者

3  受講後、牛の体内受精卵移植業務に従事する見込みのある者

4  その他、知事が受講を適当と認めた者

5  上記のいずれかに該当する者

6  原則、栃木県内に住所を有する者

受講定員

20名程度

なお、受講希望者が定員を超えた場合は、別に定める方法にて選考します。

選考方法(PDF:65KB)

新型コロナウイルスの状況を鑑み、受講期間中に県外からの通いの参加は認めないこととします。(期間中県内に滞在していることが条件)

講習科目及び日程

開催要領(PDF:227KB)を参照してください。

受講申請の手続き

1  申請受付期間:令和2(2020)年6月3日(水曜日)~6月17日(水曜日)

2  申請受付時間:午前9時から午後5時まで

3  申請書提出先:

    ア 県内在住者:住所地を管轄する家畜保健衛生所

    〒321-0905 宇都宮市平出工業団地6-8

    〒328-0002 栃木市惣社町1439-20

    〒329-2749 那須塩原市千本松800-3

   イ 県外在住者:栃木県農政部畜産振興課

    〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20

4  受講手続きに必要な書類

   ア  家畜体内受精卵移植に関する講習会受講申請書(別記様式第1号)

   イ  履歴書(別記様式第2号:自筆で記入してください)

   ウ  家畜人工授精師免許証の写し

   エ  住民票の写し

   オ  誓約書(別記様式第3号)

   カ  写真2枚(申請前3か月以内に撮影した正面、上半身、脱帽の写真〔3cm×3cm程度の大きさのもの〕:1枚は履歴書に貼付してください)

受講に必要な書類は、各家畜保健衛生所、各農業振興事務所及び各市町で配付しますが、こちらからも入手できます。

なお、申請書類を郵送で提出する場合は、令和2(2020)年6月17日(水曜日)必着となります。

受講手数料

49,000円

受講手数料は、栃木県収入証紙をもって徴収します。

受講手数料は受講決定後(開講式受付時)に徴収しますので申請書提出時には添付しないようにしてください。

栃木県収入証紙販売所一覧。収入印紙と間違えないよう注意願います。

新型コロナウイルス対策について

新型コロナウイルスへの対策として、以下について協力をお願いします。

  • 検温を毎日実施し、発熱、風邪の症状がある受講者は無理に参加しない。
  • マスクを着用する。
  • 手洗いうがいを行い、会場入口に設置する消毒液でこまめに消毒を行う。
  • 講習会会場の換気を行う。
  • 学科については、1つの机に1名ずつ着席する形とする。
  • 実習については、密にならないよう留意しながら実施する。

その他

令和2(2020)年7月1日(水曜日)に畜産振興課から受講者宛て受講決定通知を発送する予定です。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

畜産振興課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館13階

電話番号:028-623-2352

ファックス番号:028-623-2353

Email:chikusan@pref.tochigi.lg.jp

広告