ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 畜産振興課 > 高病原性鳥インフルエンザに関する情報提供について

ここから本文です。

更新日:2016年12月5日

高病原性鳥インフルエンザに関する情報提供について

 平成30年1月11日に香川県の家きん飼養農場において高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認されました。

 また、平成29年11月5日に島根県松江市、平成30年1月5日に東京都大田区で回収された死亡野鳥から、高病原性鳥インフルエンザ(H5N6亜型)が検出されました。

 

 養鶏農家及び家きんを飼養している皆様におかれましては、飼養衛生管理基準を遵守していただき、農場へのウイルス侵入防止対策の徹底と飼養家きんの臨床観察の強化、異状を認めた場合の早期通報をお願いします。

1 国内の家きん飼養農場における高病原性鳥インフルエンザの発生状況等について

香川県の事例(今季1例目)

 

家きんにおける高病原性鳥インフルエンザ発生に関する詳細情報については、こちらを御確認ください。

  

2 国内の野鳥における高病原性鳥インフルエンザの発生状況等について

島根県(H5N6亜型)

東京都(H5N6亜型)

 

野鳥における高病原性鳥インフルエンザ発生に関する詳細情報については、こちらを御確認ください。

 

 3 農場における飼養衛生管理の徹底について

  農場へのウイルスの侵入を防止するため、以下の取組の実施をお願いします。

 学校等で家きん等を飼養している場合も、農場に準じて適切な管理をお願いします。

(1) 消毒の徹底

農場(鶏舎)出入口の車両の確実な消毒、鶏舎周辺の消石灰による消毒を行う。

(2) 人・車両の立入制限

  部外者の立入を制限すること。入場させる場合には、日時や氏名等を記録をするとともに、専用長靴や専用服への着替えを実施すること。

(3) 着替えの徹底

      鶏舎の出入り時の作業服の着替え、長靴の履き替えを徹底する。

(4) 野鳥等野生生物の侵入防止

野鳥等の野生生物の畜舎への侵入防止対策を徹底する。

  1. 防鳥ネットの整備・点検(ネットに破れがないかなど野鳥等の侵入防止対策を点検する)。
  2. 畜舎周囲に、野生動物を誘引するような穀類等のエサや生ゴミ等を置かず、清潔を保つ 。

(5) 給水用の水の消毒

飲用の水は原則として水道水を使用し、その他の水を使用する場合は消毒を行う。

(6) 異状の早期発見、早期通報の徹底

 家きんの健康観察を徹底し、異状を見つけたら、直ちに獣医師又は最寄りの家畜保健衛生所に通報する。

 

 4 緊急消毒の実施について

 香川県の養鶏場における高病原性鳥インフルエンザの発生を踏まえ、本病ウイルス侵入防止に万全を期すため、県内の100羽以上の家きんを飼養する全ての農場を対象に緊急消毒を実施します。

  1. 実施時期:平成30年1月30日から
  2. 実施方法:消石灰の散布

 

 5 問合せ先

 採卵鶏ブロイラーなどの家きんの病気に関するお問い合わせにつきましては、最寄りの家畜保健衛生所又は県農政部畜産振興課にご連絡ください。

 連絡先

  • 県央家畜保健衛生所 TEL:028(689)1200   FAX:028(689)1279  携帯:090-7205-0895(夜間・休日) 
  • 県南家畜保健衛生所 TEL:0282(27)3611   FAX:0282(27)4144  携帯:090-7205-1402(夜間・休日)
  • 県北家畜保健衛生所 TEL:0287(36)0314   FAX:0287(37)4825  携帯:090-7205-1826 (夜間・休日) 
  • 栃木県農政部畜産振興課 TEL:028(623)2352  FAX:028(623)2353    

 

 なお、死亡野鳥に関するお問合せについては、こちらをご確認下さい。

 

 

 6   鶏肉・鶏卵の安全性について

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

畜産振興課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館13階

電話番号:028-623-2352

ファックス番号:028-623-2353

Email:chikusan@pref.tochigi.lg.jp

広告