ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 畜産振興課 > 乳製品需要拡大研究分科会(県産ナチュラルチーズ研修会)を開催しました

ここから本文です。

更新日:2018年9月19日

乳製品需要拡大研究分科会(県産ナチュラルチーズ研修会)を開催しました

 県産ナチュラルチーズの生産振興を目的として、平成30(2018)年9月11日(火)に栃木県畜産酪農研究センターにおいて「乳製品需要拡大研究分科会」を開催しました。県内の酪農家やチーズ生産者などの多くの方にお越しいただき、講演会とチーズの官能評価を実施しました。 

第1部 講演

 演題:「府県酪農における乳製品加工に期待すること」

 講師:(一財)畜産環境整備機構 副理事長 原田英男氏

 講演1講演2

第2部 チーズの官能評価について                       

 平成28(2016)年度に整備された畜産酪農研究センター畜産物評価加工棟にて、チーズの官能評価を行いました。
 県産食品由来の乳酸菌を用いたゴーダチーズと一般的なゴーダチーズではどう違うのかを評価しました。

 官能評価1官能評価2

 

・官能評価とは?
人間の感覚を用いて製品の食味等を客観的に評価すること

・畜産物評価加工棟とは?
県産畜産物のブランド力強化に向け、畜産物の評価に関する研究の推進や県内畜産農家の6次化を支援するため、平成28年度に畜産物評価加工棟を整備しました。本施設は、官能評価室をはじめ、生乳や食肉の加工室を備えており、試験研究の利用のほか、外部への貸出しを行っています。<詳細はこちら>

 

お問い合わせ

畜産振興課 生産流通担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館13階

電話番号:028-623-2347

ファックス番号:028-623-2353

Email:chikusan@pref.tochigi.lg.jp

広告