ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 畜産振興課 > 動物用医薬品の販売方法に関して遵守すべきルール等が定められました

ここから本文です。

更新日:2014年6月12日

動物用医薬品の販売方法に関して遵守すべきルール等が定められました

薬事法及び薬剤師法の一部を改正する法律(平成25年法律第103号)に基づき、医薬品の販売制度が平成26年6月12日から変わりました。

 改正の概要

動物用医薬品は、これまでも薬剤師や登録販売者などの販売者と購入者が直接話をすることができる販売方法である対面販売を、義務付けておらず、対面以外による販売(特定販売)も可能でした。今回の改正においても、引き続き特定販売を可能としていますが、販売方法に関して遵守すべきルールが法律に定められました。

以下に、動物用医薬品店舗販売業と動物用医薬品特例店舗販売業における変更点をまとめました。

特定販売とは

今回の改正により新しく規定された用語で、「医薬品を販売する許可を持った店舗が、その店舗以外の場所にいる人に対して医薬品を販売又は授与すること」です。具体的には、インターネット、カタログ、ファックス、メール、電話等の通信手段を利用して、広告、注文、情報提供、相談応需を行う場合が該当します(下図参照)。

特定販売イメージ図

注:特例店舗販売業は、動物薬購入の利便性向上を目的とし、地域の医薬品販売業の普及状況等を勘案して許可されたものであるため、販売先を地域内に限定することが望ましいとされています。よって、当該地域に限定してではなく、インターネット等で広く広告・販売を行う場合は、当該許可の目的を逸脱するため、店舗販売業の許可を取るようお願いします。

主な変更事項

改正に伴い許可申請・変更届出で変わったこと

許可申請時に必要な内容や添付書類が追加され、変更があった場合に届け出るべき事項が追加されました。

また、これまでは、変更後30日以内に届け出ることとされていましたが、内容により変更前又は変更後30日以内に届け出るよう変わりました。

店舗販売業の販売方法に関する遵守すべきルール等

販売に関する記録や広告方法等の遵守すべき事項が法律に規定されました。また、購入者に情報提供を行う方法や相談応需の方法、情報提供の際にあらかじめ使用者の状況を確認するよう努める事項が加わりました。

 

※ 配置販売業については割愛しています  

 施行日

 平成26年6月12日

  •  薬事法及び薬剤師法の一部を改正する法律   平成25年12月13日公布 平成26年6月12日施行  
  •  動物用医薬品等取締規則の一部を改正する省令 平成26年6月12日公布 平成26年6月12日施行

 

お問い合わせ

畜産振興課 家畜衛生担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館13階

電話番号:028-623-2352

ファックス番号:028-623-2353

Email:chikusan@pref.tochigi.lg.jp

広告