ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 畜産振興課 > 店舗販売業の販売方法に関する遵守すべきルール等

ここから本文です。

更新日:2014年6月12日

店舗販売業の販売方法に関する遵守すべきルール等

1 店舗販売業者が遵守すべきルール

  •   医薬品を販売した際は、次の事項を書面で記録保存するよう努めること

品名、数量、販売年月日、情報提供者(薬剤師や登録販売者)の氏名、購入者が情報提供の内容を理解したことの確認結果

  • 要指示薬品を販売する際は、事前に指示書等の有無を確認すること
  • 使用期限を超過した医薬品の販売、販売目的の貯蔵、広告等を行わないこと
  • 競売(オークション等)による医薬品の販売を行わないこと
  • 医薬品の広告に関し、次の1から4の事項を守ること
    1. 広告における購入者の意見(いわゆる「口コミ」)や医薬品の使用が不適切となるおそれのある事項の表示禁止
    2. 購入歴、HPの利用歴等に基づく勧誘(いわゆる「レコメンド」)等、医薬品の使用が不適切となるおそれのある方法による広告の禁止
    3. 特定販売による広告では、店舗における掲示事項(※)、店舗販売業許可番号、実店舗の名称及び所在地を、見やすく表示する。
    4. 特定販売による広告では、要指示医薬品及び要指示医薬品以外の医薬品を区分ごとに表示する。

       ※ 店舗における掲示事項(改正後一覧)(PDF:67KB)

2 医薬品の情報提供等に関する事項

情報提供等解説図

店舗販売業と特例店舗販売業により追加された事項が異なります。下記を参考にし、御注意ください。

2-1 購入者等に情報提供を行う方法(店舗販売業、特例店舗販売業ともに)

医薬品を販売又は授与する際に情報提供を行うよう努めることが必要です。これまでも情報提供をお願いしていましたが、新たに次の事項が追加されました。

  • 用法、用量、使用上の注意、併用を避けるべき医薬品等、適正使用に必要な情報を症状、その他使用しようとする者の状況に応じて個別に提供
  • 副作用等が発生した場合の対応について説明
  • 情報提供を受けた者が内容を理解したことについて確認
  • 動物の症状、その他使用しようとする者の状況に応じて、獣医師の診断を受けることを勧める

参考:購入者等に情報提供を行う方法について(改正後一覧)(PDF:96KB)

2-2 情報提供の際に、あらかじめ確認する事項(店舗販売業、特例店舗販売業ともに)

改正により、新たに使用者の状況確認に努めることが必要となりました。

  • 動物の種類、年齢、雌雄の別
  • 症状、現にかかっている疾病がある場合はその病名
  • 他の医薬品の使用状況
  • 当該医薬品の購入歴、使用経験の有無

2-3 相談応需の方法(店舗販売業)

店舗販売業者は医薬品の購入者等から相談があった場合の情報提供が義務づけられています(特例店舗販売業は除きます)。その方法について、以下の内容が新たに追加されました。

  • 用法、容量、使用上の注意、併用を避けるべき医薬品等、適正使用に必要な情報を症状、使用者等の状況に応じて個別に提供
  • 動物の症状、使用者等の状況に応じて、獣医師の診断を受けることを勧める

参考:相談応需の方法等について(改正後一覧)(PDF:69KB)

3  店舗販売業の業務を行う体制

店舗販売業の許可要件のひとつである「販売又は授与の業務を行う体制」について、次の事項が追加されました(特例店舗販売業は除きます)。
  • 医薬品の購入者等から相談があった場合の情報の提供を行うための体制を備えていること。

     (営業時間(営業時間外で相談応需を行う時間を含む)に、取り扱う医薬品の区分に応じた専門家(薬剤師又

      は登録販売者)が店舗に勤務していることが必要です)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

畜産振興課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館13階

電話番号:028-623-2344

ファックス番号:028-623-2353

Email:chikusan@pref.tochigi.lg.jp

広告