ホーム > 県政情報 > 県政の広報 > 報道発表 > 防災重点ため池の再選定について

ここから本文です。

2019年6月11日発表

防災重点ため池の再選定について

 平成30(2018)年7月豪雨で、西日本において小規模なため池の決壊により甚大な被害が発生したことを踏まえ、国が防災重点ため池選定基準を見直しました。

 これを受けて県では、市町と協議の上、県内の農業用ため池527箇所のうち225箇所を防災重点ため池として再選定しました。なお、詳細は別紙のとおりです。

 今後、緊急時における県民の迅速な避難行動につなげるため、県は、市町が取り組む以下の対策を支援していきます。

  1. ため池マップの作成・公表
  2. 緊急連絡体制の整備
  3. 浸水想定区域図の公表
  4. ハザードマップの作成・公表

 

 ※防災重点ため池の選定基準:ため池が決壊した場合の浸水区域に家屋や公共施設等が存在するため池

 

お問い合わせ

農地整備課 水利保全担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館11階

電話番号:028-623-2369

ファックス番号:028-623-2378

Email:nochi-seibi@pref.tochigi.lg.jp

広告